知らないうちに闇金融の保証人なっていたら・・・

知らないうちに闇金融の保証人なっていたら・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

知らないうちに保証人に・・・

知らないうちに保証人に・・・

ある日突然、知らない人から電話がかかってきて、「お宅さん、○○さんの保証人になってますよね?」と身に覚えがないことを言われたどうしますか。
“○○さん”は友人知人、或いは親族です。

「何かの間違いだ・・」と思いながら、一応話しは聞くという方が多いのではないでしょうか。
そして、「私は保証人にはなっていません。何かの間違いです」とハッキリと間違いを指摘するでしょう。

身に覚えがない、サインも押印もしていない、「保証人になってほしい」などという相談さえも受けていない。
「自分は保証人ではないのだから、別に心配することはないだろう」と思うかもしれません。

しかしヤミ金には、そんな常識的なことは一切通用しません。
「保証人ですよね?」と確認されたら、それはもうヤミ金にとっては決定事項です。

身に覚えがないからと言って、それでもかかってくるヤミ金からの電話を無視し続けると、自宅に押しかけたり勤務先に電話を掛けてくるなどということにもなり兼ねません。
しかしだからと言って、電話に応じていると怒涛の取り立てが始まります。

いずれにしても、ヤミ金は簡単に逃がしてはくれません。
では、そのような場合には、どう対処したら良いのでしょう?

支払ってはいけない

支払ってはいけない

いくら友人や知人の名前を出されても、身に覚えがなく、自分とは無関係な借金の『保証人』に仕立て上げられてしまったら、当然理不尽さに腹も立つでしょうし、不安もあるでしょう。
ましてヤミ金の嫌がらせ行為や脅しなどの被害に遭えば、怖さもあるでしょう。

しかしどんなに怖くても、絶対に1円も払ってはいけません。
ヤミ金業者は『保証人』だという言い分を押し通して、何が何でも「払え」と言うでしょうが、支払う必要など微塵もありません。

逆に支払える金額を渡してしまうと、例えそれが1円だったとしても保証人であることを認めることになってしまいます。
絶対に支払わないでください。

ヤミ金の保証人にされた時の対処法

ヤミ金の保証人にされた時の対処法

では、一体どうしたら良いのでしょうか?
知らないうちになっていた『借金の保証人』なんて、本来は有り得ないことです。

まずは借金をしている本人に連絡をしてください。
状況と事情を聴き、ご自身の身に起きたことも全てきちんと話しましょう。

このとき、あまりキツイ言葉で責めたり怒ったりすると、連絡が取れなくなることもあるので、気を付けましょう。
どんなに頭にきていても、本人に逃げられては困るのです。
本人に返済ができない状況であることを認めさせ、専門家に相談することを勧めましょう。

ヤミ金からの借金には、返済義務は一切ありません。
日本の法律では、『違法な貸し付けに関する返済義務は発生しない』としています。

つまり、ヤミ金からの借り入れに関して、一切の返済義務はないということです。

『保証人云々』からも、『返済云々』からも、『利息が・・』『返済期日が・・』ヤミ金の全てから解放されることができるのです。

そのためには、ヤミ金から借り入れをしている本人がヤミ金専門の弁護士か司法書士に依頼をして、ヤミ金と交渉をしてもらう必要があります。
このとき、依頼するのは必ずヤミ金専門の弁護士か司法書士でなければいけません。

弁護士とヤミ金が交渉をすれば、取り立ては嘘のようになくなります。
ヤミ金は違法な貸付業者ですので、法律で戦われると弱いのです。
捕まるくらいなら、カモを一人取り逃がすくらい何でもないことなのでしょう。

万が一、借り入れをしている本人と連絡が取れない場合は、保証人に仕立て上げられた方がヤミ金専門の弁護士や司法書士に相談をしてください。
間違っても、「キチンと話せば分かってもらえる」などと思わないことです。
関わると、良いことはありませんよ。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12