闇金融からの迷惑電話にはどう対処すればいいの?

闇金融からの迷惑電話にはどう対処すればいいの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

迷惑電話の内容

迷惑電話の内容

『闇金融から連日電話があり、困っている』と聞くと、「闇金融からの借り入れを滞納して、怖い督促でもされているのだろう」と他人事のように考える方が多いのではないでしょうか。
実は、闇金融からの借り入れをしていなくても、闇金融から迷惑電話が掛かってくることがあります。

電話の内容は『勧誘』です。

「信用情報機関からの情報で、お宅様が借り入れを必要としていることを知ったのですが」
「お困りですよね?5万円ならすぐにでも用立てできますよ」
「借入金の返済でお金が必要ではないですか」

など、連日のように非常にしつこく電話が掛かってきます。

携帯電話だけではなく、自宅の電話や職場の電話にまで掛かってくることもありますし、自宅に郵便物が届くこともあるようです。
この郵便物は証拠品となりますので、保管しておくようにしましょう。

連絡先の入手方法

連絡先の入手方法

このような勧誘を受ける場合は、ほとんどがかつて闇金融を一度でも利用したことがあるという方です。

一度でも利用したことがあれば、その時に提出した情報は全て闇金業界で共有されています。
ですから、以前利用したところとは別の闇金融から電話が掛かってくることもあるということです。

本人の連絡先、自宅や職場の連絡先、配偶者の職場や連絡先、親族の連絡先など、闇金融を利用したときに聞き取りされた情報は全て残っていると考えたほうが良いでしょう。

闇金融からの迷惑電話の対処法

闇金融からの迷惑電話の対処法

しつこい闇金融からの迷惑電話は、携帯電話に何度も何度も着信が入るでしょう。
さらに、自宅や職場、酷いときには親族の家にまで電話が入るます。

あまりのしつこさに根負けし、「5万円くらいなら、すぐに返せばいいし。一回借りれば電話も来なくなるだろう」などと思って借り入れしてしまうと、これまで以上の苦痛をしいられることになります。
こうして借りさせることが、闇金融の目的です。

しばらく電話が続いてくると、「お願いしますよ、5万円でいいので借りてくださいよ」などと、半ば向こうから頼むような発言もあるほどです。
「まぁ、いいか。借りてやるか」と思わせるのが狙いです。

借り入れすれば闇金融の思うツボ。
高額な利息を毟り取られ、完済できる日はどんどん遠のいていきます。

支払いが遅れれば、嫌がらせ同然の取り立てをされ、さらには職場や親族にまでバラされたり迷惑行為を繰り返されたりします。
そうならないためにも、絶対に借り入れしないことです。

①無視、着信拒否

このような勧誘の電話は、無視するに限ります。

決まった電話番号から電話掛かってくる場合は、着信拒否をすると良いですね。
取り立てではないので、通じない電話にいつまでも掛けてくることはありません。

しかしもしも親族の連絡先や職場の電話番号などを伝えている場合、着信拒否をすると職場や親族に連絡がいく場合もありますので、慎重に行動する必要があります。

②警察への通報

借り入れしないことに対する脅迫めいた文言や、職場へのしつこい連絡があった場合など、警察が動ける状況であれば相談をすると良いですね。

場合によっては、「無視するしかないですよ」や「何かあったら連絡をしてください」などのアドバイスのみで帰されることもあるかもしれませんが、事件にならなければ動くことができない警察ではできることが限られているのも現実です。

③弁護士などの専門家に相談する

弁護士の中には、闇金融専門の弁護士がいます。
専門でない弁護士に相談をしても、相手が闇金融だと分かると断られてしまう場合もあるため、闇金融専門であることを確認することをお勧めします。

弁護士に依頼をすると数万円の費用は掛かります。
「お金を掛けてまで・・」と考えるか、「お金を掛けてでも!」と考えるかは、それぞれでしょう。

しかしほとんどの闇金融は法律の専門家が介入することを嫌いますので、介入された時点で手を引くことは間違いないでしょう。
法律家が付いている顧客に固執するよりも、ほかの顧客を探したほうがいいというわけです。

闇金融からの迷惑電話は、ひたすら無視をすることです。

会社や親族などに迷惑が掛かりそうなときには、警察や弁護士に相談をしましょう。
間違っても、絶対に、一回たりとも借り入れをしてはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12