生活保護受給者はヤミ金業者にとっていいお客さん?

生活保護受給者は闇金融業者にとっていいお客さん?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

生活保護受給者の借金

生活保護受給者の借金

生活保護を受けている人は、基本的には借金をすることができません。
何故なら、生活保護費は国民の税金から支払われており、借金の返済に生活保護費を充てるとなると『健康で文化的な最低限の生活を守る』という本来の目的に反するからです。

また、生活保護には借金との関連があり、多重債務者で返済に追われ、病気やケガ、会社の倒産など、何らかの理由で収入を失って生活が困窮したことで、生活保護の申し込みをする人が非常に多くなっているのです。

借金の返済をするための資金として生活保護を利用することは本末転倒ですので、借金の返済のために生活保護の申請をしても受給者の資格を得ることはできません。
ですから、借金を抱えて生活保護の申し込みをすると、役所の担当者に「債務整理をしてから出直してください」と言われます。

債務整理をすれば信用情報機関に返済事故情報が登録されますので、いわゆるブラックリストに載ることになります。
また、一般的な貸付業者では収入がない人への貸し付けはお断りするため、生活保護受給者への貸し付けは基本的にはしていません。

生活保護者とヤミ金

生活保護者とヤミ金

しかし、正規の貸付業者からの借り入れができなくても、非合法なヤミ金は生活保護受給者であっても貸し付けをします。
『生活保護受給者であってもOK!』このような謳い文句に惹かれて、申し込みをする生活保護受給者は少なくないでしょう。

生活保護受給者が借金をして、どうやって返済していくのでしょうか。
当然ですが、生活保護費で返済することになるでしょう。

しかし普通に働いて収入を得ている人でも返済に苦悩するヤミ金の返済を、生活保護受給者が継続して行っていくことが出来るのか、誰でも疑問に思うでしょう。
実は、生活保護受給者はヤミ金業者にとっては『いいカモ』なのです。

決まった期日に生活保護費をもらうことは確実ですので、ヤミ金業者は生活保護受給者の受給者カードとキャッシュカードを担保に取ります。
そして受給日にはATMの前でお金を下すのを待ち、その場で受け取るのです。
そうした光景が見られることがあるでしょう。

ヤミ金との関わりを持たないためにも、生活保護費内で暮らせるような生活設計が必要ですが、中には生活保護を受ける前から借金癖があり、ギャンブルや酒をやめられないという受給者もいるようです。

そうした背景を考慮すると、非常に難しい問題となってきます。
ギャンブル依存症や買い物依存症、アルコール中毒など、必要があれば病院を受診することも考えたほうが良いでしょう。

ヤミ金との関わりを断つために

ヤミ金との関わりを断つために

そもそも生活保護受給者に、そんな返済能力があるわけがないのです。
最低限の生活を守るために与えられる生活保護費ですから、その中からの返済は禁止される以前に非常に困難だということが分かります。
しかしそれでも借り入れをしたいと考えるため、違法であるヤミ金しか頼ることができないのでしょう。

それ以外に頼るところがなかったとしても、ヤミ金からの借り入れをするのは大失敗です。
最低限の生活を守るはずの生活保護費は全て持っていかれ、生活がままならない状況に陥るでしょう。
生活保護を受けている限り、そしてヤミ金との関わりを断たない限り、その生活からは抜け出せなくなってしまうのです。

では、一生そんな生活を続けなければいけないのでしょうか?

そんなことはありません。
ヤミ金からの借金で返済に困窮している場合は、生活保護受給者であっても、専門家に相談して解決する以外方法はないでしょう。

ヤミ金を専門とした弁護士がいますので、必ず『ヤミ金専門の弁護士』に相談をしてください。
弁護士がヤミ金と交渉をすれば、すぐに取り立てはなくなりますし、返済の必要もなくなります。
生活保護受給者カードとキャッシュカードを取り返してもらい、全てを終わらせることができるのです。

元々、違法な貸付業者に対する返済はする必要がないと法律で定められていますので、ヤミ金からの借金を踏み倒しても違法とはなりませんし、信用情報機関に掲載されることもありませんので、心配は要りません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12