知らずに闇金融に申し込みをしてしまったら・・・

知らずに闇金融に申し込みをしてしまったら・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

闇金融だと分からない闇金融

闇金融だと分からない闇金融

闇金融は、チラシやインターネット上のサイトで利用者に存在を知らせ、申し込んでくるのを待っています。

闇金融は違法な貸金業者であるため、チラシやサイトなどでも登録番号を掲載しておりません。
正規の消費者金融であれば必ず登録番号を持っており、チラシやサイトに掲載しています。

ですから、貸金業者が正規のものであるのか、闇金融であるのか判断できなかった場合には、登録番号を探してみると良いでしょう。

正規の消費者金融でも、大手ではない規模の小さな消費者金融であれば、名前も聞いたことがないようなところはいくらでもあります。
ですから、見極める方法として、登録番号の有無を必ず確認して下さい。

中には、サイトで闇金融を強烈に批判して「絶対に闇金融で借り入れしてはいけません!」とした上で、「多重債務で借り入れできない方でも安心してご利用ください」と借り入れを勧める闇金融もあります。
惑わされやすいので注意が必要です。

申し込みをしてしまった場合

申し込みをしてしまった場合

闇金融だと分からずに申し込みをしてしまう方は、実は意外と多くなっています。

『審査不要』『即日融資』『多重債務者でも大丈夫!』 『専業主婦、学生、大歓迎!』『自己破産をしていてもOK!』
これが闇金融でなければ、相当親切な貸金業者です。

しかし、消費者金融を利用したことがない人にとっては、大手で名の通った消費者金融より気楽に申し込みできそうな印象があったり、多重債務や自己破産をした人であれば、どこからも借り入れできずにようやく辿り着いた借り入れできる貸金業者ということもあるかもしれませんね。
中には、「闇金融かもしれない・・・」と分かりながら、どうしてもお金が必要で申し込みをしてしまったという方もいるでしょう。

いずれにしても、申し込みをした上で「やっぱり止めよう!」と思った場合は、すぐにでもお断りして下さい。
借り入れ前で良かったと思いましょう。

中にはキャンセル料を請求してくる場合もあります。
「手続きに手間が掛かっていますので、キャンセル料を請求することになりますが、よろしいですか?」と聞かれるでしょう。

そこで、「どうせキャンセル料を取られるなら、一旦借り入れをして、すぐに全額返済すればいい」などと安易に考えて借り入れしてしまってはいけません。
絶対にいけません。

借り入れをすれば、翌日の完済など許してもらえるわけがありません。
最低でも数ヶ月は上手く完済をさせずに貸し付けした状態を保ち、10日に1度の利息の回収をされるでしょう。

違法な闇金融の利息は非常に高額で、トイチ(十日で1割)やトサン(十日で3割)、トゴ(十日で5割)などということもあります。
たった5万円の借り入れで、10日後には2万5千円の利息を支払うことになるのです。
そんな状態が数ヶ月続いたら、大変なことになってしまいます。

申し込み後であっても、断ることは可能です。
キャンセル料を請求されても、強い意志でお断りするようにしましょう。

キャンセル料の請求

キャンセル料の請求

では、請求されたキャンセル料はどうしたらいいのでしょう。

闇金融は何度でもしつこく電話をかけてきて、キャンセル料の請求をしてくるでしょう。
しかし何度電話が掛かってきても、「もう面倒だから支払ってしまおうかな・・」と思うほど疲弊しても、絶対に支払ってはいけません。

一度支払えばお終いだと思っていますか?
そんなわけはないです。
相手は闇金融です。
その次は、別の名目でお金を請求してきますし、その金額もどんどんエスカレートしていくでしょう。

ですから、たったの一度であっても支払いに応じてはいけません。
ひたすら電話を無視し、可能であれば着信拒否をして、闇金融が諦めるのを待ちましょう。
闇金融もお金にならない相手を何ヶ月も相手にすることはありません。

ただし、嫌がらせ同様の行為が発生した場合には、警察か闇金融専門の弁護士に相談するようにしましょう。

勧誘されるケース

勧誘されるケース

一度でも過去に闇金融を利用したことがある人の場合、個人情報は闇金融業界に巡回しているものだと考えなくてはいけません。
闇金融業界では顧客リストが共有されており、リストに載っている人は利用者として扱われます。

また、債務整理をした場合にも、直後には闇金融に情報が入ってしまうことがあるようです。
一般的には絶対に情報が漏れることはないため、どこから情報が洩れているのかは不明です。

このようなケースでは、「借り入れしませんか?」という勧誘をされることがあります。
手段として、携帯電話、家の固定電話、封書、メールなど、個人情報で分かり得る連絡先に勧誘をするようです。

このような場合にも、絶対に借り入れをしてはいけません。
勧誘のしつこさに負けて少額でも借り入れしてしまっては、大変なことになります。

このケースであっても、どうしても勧誘が止まない時には警察や闇金融専門の弁護士に相談してください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12