ソフト闇金が利用者を安心させる5つの手口とは?

ソフト闇金が利用者を安心させる5つの手口とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

利用者を安心させるソフト闇金…

mo602-m

ソフト闇金とは、『優しい闇金』という風に考えると良いでしょう。

優しい対応で利用者を騙し、法外な高金利で貸し付けをする違法な貸付業者のことです。
闇金のような、嫌がらせ行為や、厳しい取り立て、脅迫や脅しとも取れる請求が一切ありませんので、利用者は安心するでしょう。

しかしその実態は、闇金と何ら変わりないのです。

闇金から受ける印象は、どんなものでしょう。
・朝晩問わない、しつこい電話
・脅迫めいた暴言
・怖い人が取り立てに来る
・高い金利
・暴力団組織がバックにいる

ほとんどの方が上記のような印象を持っているのではないでしょうか。

実際、闇金はこのような感じですし、利用者も決して少ない数ではないようです。
利用者のほとんどは、多重債務や総量規制を超える借り入れが既にあるなど、何らかの理由で正規の貸付業者からは借り入れができない人たちです。

闇金から借り入れをしたことで、生きた心地がしない毎日を送っている人もいるでしょうし、友だちや職場にまで迷惑をかけてしまった人、夜逃げや一家心中など、様々なケースがありますが、いずれも不幸な人生となってしまいます。
そうした事態になることを未然に防ぐためにも、貸金業法の見直しをしたり、返済に困っても闇金からお金を借り入れしないよう債務整理を勧めるなど、対策が講じられています。

つまり、闇金も商売がしにくい世の中になったということです。

『闇金からお金を借りない!』という風潮も、年々強くなってきているのではないでしょうか。
そこで新しい形の闇金『ソフト闇金』が現れたのです。

ソフト闇金の手口とは?

ソフト闇金の手口とは?

ソフト闇金の闇金融がどのように利用者を安心させるのか、その手口を挙げてみましょう。
・怖い印象がない
・親切な対応
・親身になって話しを聞いてくれる
・返済が多少遅れたも、優しく融通を利かせてくれる
・取り立てや督促は優しい対応

このような対応から、利用者は「良心的な貸付業者だ」という風に騙されてしまいます。

しかし貸し付け金に付加する利息は、10日で2割、7日で3割などという法外な高金利です。
この金利は完全に違法ですし、恐ろしい金額の利息を取られるということです。

闇金と何ら変わりがない、ただ当たりをソフトにしただけのものだということですね。

10日で2割の金利の場合、年利730%となります。
また、7日で3割の金利ですと、年利1564%です。

この金利で10万円の借り入れをすると、10日で2割の場合は10日で20,000円、7日で3割の場合は7日で30,000円の利息を支払わなければいけません。

仮に、1年間元本を入金できなかった場合、10日で2割の場合で780万円の利息を支払い、7日で3割の場合では1,564,000円の利息を支払うことになります。

単純に考えて、この利息を支払えるのであれば、ソフト闇金に手を出すような事態にはなっていないでしょう。
つまり、ほとんどの方が支払えないということです。

支払えなくなったとき…

支払えなくなったとき…

ソフト闇金であっても、返済されない期間が長くなれば厳しい対応になります。
昼夜問わないしつこい電話や、家族や職場への連絡、脅しや恐喝とも取れるような言動が目立つようになるでしょう。

そうなれば、ほぼ闇金と同様です。
それまでの優しく親切な対応は、一切見られなくなるでしょう。

また、ソフト闇金同士の繋がりがあるため、返済できないとなると別のソフト闇金から借り入れをさせて返済に充てさせ、結果的にソフト闇金からの借金が増えてしまうといった借金地獄が待ち受けています。

そうしたことにならないように、ソフト闇金からの借り入れは絶対にしてはいけません。

『ブラックリストでも融資OK!』『6社以上の借り入れがあっても大丈夫!』『主婦、学生、大歓迎!』などという謳い文句があれば、ほぼ間違いなく闇金かソフト闇金でしょう。

ソフト闇金で借りてしまう心理

ソフト闇金で借りてしまう心理

ブラックリストに載っていたり、多重債務となっている場合、銀行や正規の貸付業者からの融資は審査が通りません。
それでもお金が必要な場合、利用者は「闇金なら借りられるのではないか」「ソフト闇金なら大丈夫だろう」と考えてしまいます。

つまり、利用者の中には『どこでも貸付してくれるところ』を求めてソフト闇金に辿り着く方もいるということです。
そこには、ある種の需要と供給が存在しています。

しかし現実的に考えて、ソフト闇金を利用することは全く何の解決にもなりません。

「今、お金を貸してもらえれば何とかなる」そう考えるのかもしれませんが、ソフト闇金に手を出さなければいけない状況であること自体、既に『何とかなる』状況ではないということを自覚しなければいけません。

今、ソフト闇金からの借り入れを考えている方がいたら、絶対にやめなければいけません。

多重債務や多額な借り入れがあって返済が困難な場合、債務整理を視野に入れて弁護士や司法書士に相談をしてください。
「債務整理をしたら人生終わりだ」などと思っている方がいるようですが、それは全くの間違いです。

債務整理は、人生の再生をするための、国が定めた法的措置です。
堂々と利用をしても良い制度だということを忘れてはいけません。

ソフト闇金などに手を出して一生を棒に振るより、国の制度を利用して借金の返済から解放された方がよほど賢い生き方ではないでしょうか。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12