090金融からの督促電話は着信拒否すれば逃げられる?

090金融からの督促電話は着信拒否すれば逃げられる?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

トイチ、トサン、トゴ・・・

トイチ、トサン、トゴ・・・

090金融はいわゆる闇金融ですので、法外な利息を請求されます。
10日に1度の高額な利息の請求に、支払い続けることができる人などいないでしょう。

090金融を含む闇金融は、お金を借りにきた人をカモにして、搾り取れるだけ搾り取ります。
元本の返済はなるべくさせずに、長期に渡って利息を回収するのです。

金利は非常に高く、トイチ、トサン、トゴが一般的です。
トゴの場合、10日で5割の金利ですので、5万円の借り入れで10日で2万5千円の利息を請求されてしまいます。

これだけの請求が10日に一度のペースで来たら、誰でも逃げ出したくなるでしょう。

もしも着信拒否したら

もしも着信拒否したら

返済が無理だとなると、まず考えることは「待ってもらおう」ということかもしれませんね。

しかし滞納が続くと、督促の電話がかかってきたり、支払うまで自宅訪問が続いたりと、嫌がらせのような取り立てが始まります。
早朝だろうが深夜だろうが電話が鳴って、自宅へ来ると居座るでしょう。
もちろん全て違法です。

貸金業法では認められていない取り立て方法ですし、正規の貸金業者であれば罰則が与えられます。
しかし貸金業登録をしていない090金融は、その貸金業法にも引っ掛かることがないのです。
警察に訴えたとしても、暴力行為や脅迫などの行為が実際になければ、警察は動くことができません。

そうなると、精神的に追い詰められて、携帯電話で着信拒否を設定してしまいたくなるでしょう。
実際に着信拒否をすると、どうなるのでしょうか?

そもそも着信拒否をされたくらいで諦めない相手だということは、分かりますよね。
連絡が取れなくなったことで、090金融は職場や配偶者、親や親族などに連絡をするでしょう。

借金の事実を話し、「返済してくれないんですよ~、代わりに払ってもらえますか」などと言われてしまいます。
闇金融の取り立てを甘く見てはいけません。

職場への暴露や請求など、利用者が仕事を失うことなど問題ではない相手です。
違法な貸金業者であっても、相手を甘く見て行動すると大変な目に遭わされます。

着信拒否をしたことが、明らかに相手の気持ちを逆なでするでしょう。

090金融から逃げる方法

090金融から逃げる方法

090金融から借り入れをしてしまって、取り立てがキツくて最終的に逃げるしかない状況になってしまっても、着信拒否や本当に逃亡することはお勧めできません。
配偶者や親族など周りの人に迷惑をかけることになり、結果的に何の解決にもなっていないからです。

もちろん、090金融などの闇金融から借り入れをしたのは、ご自身の責任です。
しかし自力ではどうすることもできない状況になったら、闇金融専門の弁護士に相談すると良いでしょう。

専門が違う弁護士に頼んでも、恐らく断られてしまうでしょう。
相談するのは、『闇金融専門の弁護士』でなければいけません。

090金融だけでなく闇金融全般は、法的措置を非常に強く嫌い、恐れています。
違法な貸付ですから、叩けば埃は出るでしょう。

一人の顧客に固執して法的措置を執られるより、別のカモを探したほうが得策だというわけです。
闇金融専門の弁護士が闇金融に勧告をしただけで、その日のうちに取り立てはなくなるでしょう。

見知らぬ番号の闇金融から掛かってきたら

見知らぬ番号の闇金融から掛かってきたら

過去に闇金融を一度でも利用したことがある人の場合、闇金融業界に個人情報等のデータは巡回されてしまいます。
一つの闇金融のデータを消したとしても、ほかにも同じデータが出回っているため、それを阻止することはできないでしょう。

現在、借り入れがなければ、電話に応じないからと言って家族や職場などに嫌がらせをするようなことはないでしょう。
ひたすら無視し続けてください。
可能であれば、電話番号を変えると良いですね。

また、これまで闇金融を利用したことがないという方であっても、電話番号の流出により闇金融から電話がかかってくることはあります。
見知らぬ番号から電話がかかってきたら、用心しなければいけませんね。

もしも電話に出てしまった場合には、お金を貸すと言われても、どんなにオイシイ話しをされても、絶対に応じてはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12