車金融について詳しく解説

車金融について詳しく解説

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

車金融というお金の借り方

車金融というお金の借り方

車金融はいわゆる闇金融で、マイカーを担保にお金の借り入れをするシステムです。

車金融では、『車に乗ったまま』『車をお預かり』の2種類があり、すぐにでもお金が必要な方で車を手放したくないという方が対象となっています。
銀行やクレジットカード会社などの審査に通らない方や、貸金業者からの借入が年収の1/3を超えて総量規制に引っ掛かってしまう方でも利用できるものとなっています。

しかし実際には、車に乗ったままでお金の借り入れができるのは違法となっており、借り入れできる金額は査定額の半分以下となっています。
お預かりの場合は、査定額に近い金額を借り入れすることができ、短期間の返済プランで借り入れすることになります。
金額は50万~100万円程度でしょう。

返済ができなくなったり、遅れたりした場合、担保になっている車は回収されてしまいます。
車の種類が問われることはなく、どんな車でも対象となります。
特にパーツが高く売れる高級メーカーのものは、査定が引き上がり、最終的には車をバラして販売されてしまいます。

必要書類

必要書類

車金融で要求される必要書類は、車検証と印鑑証明、ほかに実印が必要になります。
書類の住所が現住所と異なる場合には、現在の住民票が必要になることもあるでしょう。

また、車の所有権が本人以外の場合、所有者名義の印鑑証明と委任状、譲渡証明書などを提出することで、融資が可能となる場合があります。

車のチェックは細部に渡って丁寧に行われますが、職業や収入は審査の対象となりません。
消費者金融での借り入れをすることができず、審査に落ちてしまう場合や、銀行のカードローンなどの利用がある場合にも、融資は可能となっています。
ですから、無職の方や専業主婦の方でも『融資可能!』と謳っています。

消費者金融での審査に落ち続けると、どこでもいいからお金を借りたい!という麻痺した状態に陥りやすくなります。
しかしここは冷静になってください。
車金融を利用すると、後悔することになりますよ。

車金融の末路

車金融の末路

車金融でお金を借り入れすると、最終的には借りたお金に高い金利を付けて返済し、さらに車まで失いことになります。

初めの契約で立てられた返済計画がある場合でも、あの手この手で返済を遅らせて高い金利を取り、さらに車を手放さなければいけない状況に持って行かれてしまいます。
最も大きな理由として、車金融の目的は換金できる担保を回収することだからです。
『乗ったまま』の場合は“リース料”と称した金額を回収し、お預かりの場合も様々な理由を作って、返済が困難な状況を作り最終的には担保にいれてある車を回収します。

『車金融』という文字を、街角の看板やポスターで見かけることがあるでしょう。
謳い文句はいいことばかりが書いてありますし、お金に困っている人にとっては魅力的な文言となるでしょう。
しかし、そんなにオイシイ話しはありません。

「ここの車金融は絶対に大丈夫!」
そう思って利用する方はいるかもしれませんが、最近の闇金融はファーストコンタクトでは非常に好印象を与えます。
それくらいの演技はしますし、いい人であるという印象を植え付けることも難しくはないでしょう。
何故なら、「お金に困っている人にお金を貸す」ということは、それだけで“いい人”に映ってしまうからです。

車を使ってお金の工面をするのであれば、最も安全なやり方として売却を考えましょう。
数社に査定をしてもらって条件の良いところを選ぶことができますし、すぐにお金が必要だという場合にも『即購入』で対応してくれす買取業者があります。

「車は手放せない」という方の場合は、ほかの方法を考えてください。
車金融では、金利と車の両方を失うことになってしまいます。
絶対に手を出してはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12