違法な年金担保融資・・・

違法な年金担保融資・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

年金担保融資

年金担保融資

年金担保融資とは、年金を担保にしてお金の貸し付けをする融資方法です。
現在、日本で認められている年金担保融資は『独立行政法人福祉医療機構(WAM)』が取り扱う年金担保融資のみとなっており、それ以外は違法となります。

独立行政法人福祉医療機構(WAM)では、年金受給者に対して一定の条件を満たす融資をし、さらに条件付きで返済をさせる仕組みとなっています。
年金を担保にした貸付ですので、年金受給日に先取りで独立行政法人福祉医療機構(WAM)に返済する流れになっています。
ですから返済を忘れることはありませんし、利用者が「返済しない」という選択もできません。

また万が一、利用者が自己破産をしたとしても年金の受給は継続されますので、年金担保融資の返済も継続されます。
つまり、自己破産をしてもなくならない借金だということです。

違法な年金担保融資

違法な年金担保融資

年金手帳や預金通帳を担保に融資をすることは法律で禁じられており、違法行為となっています。
ですから、「年金を担保に融資します!」という民間の貸金業者があるとすれば、それは違法行為で、その業者は違法な業者だということです。

実は現在も『年金担保ローン』という形で商品化し、年金受給者に対して不正にお金の貸し付けをしている貸金業者はあります。
いわゆる闇金融の一種で、一旦お金の貸し付けをすると、取れる分だけ毟り取られてしまいますので、少額であっても絶対に利用してはいけません。

闇金融は年金受給者もカモにする恐ろしい貸金業者です。
義務付けられている登録もせず、貸金業法を無視した営業方法となっています。

違法な年金担保ローンでは、年金手帳や預金口座、キャッシュカードなどの提出を求められます。
そして年金受給日にはATMの前まで一緒に行き、受給された年金をその場で回収されてしまいます。
実際に被害者になっている方は多く、生活が破綻してしまったという方も少なくありません。
年金を担保にした融資は、基本的に違法であることを忘れないでください。

唯一認められている融資は、独立行政法人福祉医療機構(WAM)が取り扱う年金担保融資です。
年金受給者で、まとまったお金が必要な場合には、こちらを利用すると良いでしょう。

もしも利用してしまったら

もしも利用してしまったら

もしも分からずに申し込みをして、途中で違法業者だということに気付いたら、勇気を持って申し込みを取り消してください。
その際、『手続き手数料』や『申し込み受け付け手数料』などと言って、様々な名目の手数料を請求される場合がありますが、1度でも請求に応じてしまうと必ず2度目3度目の請求をされてしまいます。

どんなにしつこく請求してきても、決して応じてはいけません。
辛抱強く応じなければ、そのうち諦めます。

闇金融もそんなに暇ではないので、払わない人を相手にいつまでも請求することはありません。
絶対に払わないことです。

さらに万が一、違法な『年金担保ローン』を利用してしまった場合、すぐにでも闇金を専門とした弁護士に相談をしてください。
年金を担保に融資をすること自体が違法ですので、訴えることは可能です。

そして違法な貸し付けに関しては、返済義務はありません。
利息はもちろん、元本も一切返済する必要はないのです。

ただし、だからと言って、わざわざ違法な貸し付けを利用するなどということはしないでくださいね。
闇金融を甘く見ると大変な目に遭います。
家族や職場にまで迷惑をかけ、全ての信用を失うことにもなり兼ねません。

年金を担保にした貸し付けは、基本的には違法です。
民間の年金担保ローンは、全て違法だということを忘れないでください。
年金担保融資を利用する際には、国が唯一認める『独立行政法人福祉医療機構(WAM)』の取り扱いであることを確認しましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12