債務整理の方法

債務整理とは、返済が困難になった債務者のためにある、法的な救済措置です。

 

借りたものは返すのが基本です。
借金ですから金利も含めて完済しなければいけないのは当たり前ですが、借り入れしたときとは状況が変わり、病気やケガ、失業などで返済が困難になってしまうケースがあります。
そのような場合に債務整理をして、債務者と債権者の間で折り合いを付けることができるのが債務整理です。

 

債務整理の方法は4種類あり、手続きはそれぞれ異なります。

 

・特定調停
簡易裁判所の介入により返済条件を見直す

 

・任意整理
債権者の代理人と債務者が話し合い、で借金を減額する

 

・個人再生
裁判所の介入により再生計画立て、認可を受ける

 

・自己破産
全ての借金が免除となる

 

それぞれの返済に関する問題に合った債務整理の方法でなければいけません。
個人で債務整理を行えば弁護士費用などが発生することはありませんが、弁護士に依頼したほうがスムーズに進められます。
どの方法を選択するべきかの判断やその後の債権者との交渉などは、弁護士にお任せした方が良いでしょう。

 

また、個人で手続きを行う場合、調べることがあったり書類を揃えている間にも返済義務はあります。
ですから返済が滞れば督促や取り立てがあるでしょう。
しかし弁護士や司法書士に債務整理を依頼をすると、依頼した段階で債権者に通知が行き、貸金業法により取り立てや督促がストップされます。
それでも取り立てや督促が続いた場合は違法となります。
つまり、弁護士や司法書士に依頼をすると、依頼した段階で取り立てや督促から解放されるということです。

 

債務整理を考えた場合には、まずは無料相談をしてみると良いでしょう。

債務整理、どの方法を選択する?

債務整理は、借金の返済が困難な方を救済する国が定めた措置です。
任意整理、自己破産、個人再生があり、それぞれに債務者に合わせた方法を選択することになります。

 

例えば、任意整理や個人再生は、執行されたあとも減額となった借金の返済が継続しますので、ある程度の安定した収入が必要です。
しかし家を取られることはありませんし、仕事や資格に関しても影響はありません。
家族や会社に知られる心配もほとんどないため、非常に行いやすい手続きだと言えるでしょう。

 

しかし、安定した収入もなく、減額になったとしても返済していくことができない場合、これは自己破産という方法を取るしかないでしょう。
自己破産では、全ての借金が免除されます。
いわゆる『チャラ』になるということです。
ただし、借金もなくなりますが、財産も全て失うこととなります。
貯金、住宅、不動産、証券、生命保険の解約金、お金に換えられるものは全て換金して債権者に渡されます。
また、自己破産をすると就く職業にも制限があり、場合によっては資格もはく奪されてしまいます。
旅行や引っ越しなども申請して許可を得なければいけませんし、郵便物に関しても破産管財人の管理が入ります。
全てにおいて不自由が付き纏うでしょう。
それでも返済不能な借金となってしまった場合には、借金が免除されて解放されることを選択せざるを得ない場合もあります。

 

また、借金を作った理由がギャンブルなどの場合、個人再生は手続きすることができますが、自己破産では手続きすることができません。
さらに任意整理では、借金の全てではなく自分で選んだ借金だけを整理することができます。
個人再生では住宅ローンは対象外となりますが、それ以外の借金は全て整理することになります。
自己破産は全ての借金です。

 

それぞれの特徴があり、また条件もありますので、借金の返済が困難になったら弁護士事務所や司法書士に相談してみましょう。
きっと最善の方法をアドバイスしてくれることでしょう。

 

借金返済でお困りならコチラ