個人再生の特徴

個人再生とは債務整理の中の一つです。

 

個人再生は裁判所が介入し、借金金額を大幅に減額することができる制度です。

 

[借金金額:100万円〜500万円]⇒[借金返済想定額:100万円]
[借金金額:500万円超〜1500万円未満]⇒[借金返済想定額:借金金額の5分の1]
[借金金額:1500万〜3000万円]⇒[借金返済想定額:300万円]
[借金金額:3000万円超〜5000万円]⇒[借金返済想定額:借金金額の10分の1]

 

上記のように任意整理に比べて大幅な減額があり、減額となった借金を3年で返済していきます。
ただし、特別な事情がある場合は5年まで引き延ばすことが可能です。
個人再生計画案件に沿って返済が終わった場合には、借金の返済義務が免除となります。
自己破産では全額免除となりますが、財産も全て失ってしまいます。
その点で個人再生は財産を失う心配はなく、家を取られる心配はありません。
ただし、任意整理のように対象とする借金を選ぶことはできず、住宅ローン以外の借金全てが対象となります。

 

また、自己破産で特定の職業に一定期間就けない条件がありますが、個人再生ではそのような制限はありません。
さらに、自己破産では『免責不許可事由』があり、ギャンブルなどでは免責とならないケースもありますが、個人再生では借金事由を問いません。
つまり、個人再生ではギャンブルだろうが浪費だろうが、如何なる理由で作った借金であっても全く問題ないということです。

 

ただし、3〜5年間しっかり返済しなければいけませんので、手続きを取るためには返済可能な収入があることが条件となります。
住宅ローンがある場合には、住宅ローンは減額とならないため“住宅ローン+減額された借金”の支払う収入が必要です。

 

個人再生を行うと官報に、住所・氏名・債務整理をしたことが掲載されます。
しかし官報は一般の方が目にすることがほとんどないため、あまり気にする必要はないでしょう。
また、俗にブラックリストと言われる信用情報にも記載されます。
信用情報機関に債務整理をした情報があるため、借金をしたりローンを組むことはできません。
(家族には影響しないため、家族の方はローンを組むことができます。)
信用情報への掲載は短くても5年、およそ10年程度は記載されていますので、その間の借金は難しいでしょう。

 

借金返済でお困りならコチラ