返済できない負債、自己破産

『自己破産』という言葉は聞いたことがあるという方も多いでしょう。
法的手続きである『自己破産』をすると、借金返済を全て免れることができます。
裁判所の決定により借金返済の免責を受ける方法ですが、債務者は弁護士に依頼して手続きを行います。
「借金の返済を免れるなら、自己破産をしたい!」と思う方はいるかもしれませんね。
しかし免責を受けると返済に追われることとは無縁になりますが、その分失うものも多くあります。
生きていくために必要なもの以外、財産という財産は全て債権者への配当に換価されて充てられます。

 

・20万円を超える預貯金
・有価証券
・生命保険の解約払戻金
・自動車
・不動産
など、全て処分の対象となります。

 

つまり、借金を帳消しにする代わりに財産を差し出すということです。
財産を失うだけではなく資格取得や仕事に就くことにも制限があり、引っ越しや旅行なども裁判所の許可を得る必要があります。
また、5〜10年間はローンを組んだりクレジットカードを作ることはできませんので、大きな買い物ができません。
また、郵便物に関しても破産管財人の管理が入ります。

 

ですから、自己破産をすることで相当な不自由をすることになります。
しかし前向きに考えると、借金で借金を返済し雪だるま式に借金を増やし、借金返済に追われる毎日から解放されるチャンスとも言えます。
そこまで追い込まれているのか、その後の生活に耐えうるのか、よく考えてから進めるようにしましょう。

自己破産をした場合の連帯保証人

自己破産をすると返済に追われることからは解放されます、その分失うものも多くあります。
生きていくために必要なもの以外、財産という財産は全て債権者への配当に換価されて充てられるため、全て処分しなければいけません。

 

また、資格取得や仕事に就くことにも制限があり、引っ越しや旅行なども裁判所の許可を得る必要があります。
さらに5〜10年間はローンを組んだりクレジットカードを作ることはできませんし、郵便物に関しても破産管財人の管理が入ります。
ですから、自己破産をすることで借金返済の毎日からは解放されますが、相当な不自由をすることになります。
それでもそこに至るほど追い込まれており、借金を借金で返済するような生活をしている場合、既に出口はない状態と言えます。
そういったケースでは自己破産が人生を建て直すチャンスになることも考えられますね。

 

しかし自己破産をした本人はそれで借金から免れて人生を建て直すことができるかもしれませんが、連帯保証人が付いている場合、連帯保証人はどうなるのでしょう。
借金返済の免責を受けられるのは、自己破産手続きを行った本人だけです。
つまり、本人は借金返済から解放されますが、連帯保証人には支払い能力があるということで返済する義務が発生します。
連帯保証人には多大な迷惑をかけることになってしまいます。
ですから連帯保証人が付いている場合にはよく考えて、自己破産は最後の手段として位置づけしておきましょう。

 

また、連帯保証人になる場合には『自分が借金を背負う場合もある』ということを考慮する必要がありますね。

 

借金返済でお困りならコチラ