自己破産のメリット・デメリット

自己破産と言えば、暗いイメージを持つ方が多いでしょう。
しかし借金の返済が困難になって、生活もままならない状況の方にとっては、その返済から免れて生活を取り戻すことができる貴重な救済措置なのです。
自己破産にはメリットもデメリットもあります。

 

メリット

・借金の免除
今ある借金の全てが免除されます。
ですから全ての借金の支払い義務がなくなるということです。

 

・誰でも手続きOK
自己破産の認定は支払いが困難であることが客観的に認められればOKです。
誰でも、どんな立場の人であっても手続きは可能です。

 

・貸金融業者からの督促・取り立てがストップする
依頼をした段階で、債権者からの督促や取り立てがストップします。
貸金法により定められていますので、破れば違法となります。

 

デメリット

・信用情報機関に自己破産の事実が載る
いわゆる「ブラックリストに載る」というもので、10年以内と期間はそれぞれですが新規の借り入れやクレジットカードの申し込みはできなくなります。
また、載るのは10年以内と言われていますが、それ以降も要注意人物として借り入れ等ができないケースは少なくありません。

 

・財産の処分
20万円の財産に関しては、全て処分されます。
家や土地、預貯金、自動車、生命保険の解約金など。

 

・職業制限
弁護士、税理士、証券会社外交員、生命保険外交員、建設業、警備員など、一部の職業に一定期間就くことができません。

 

・自由の制限
手続きが完了するまで、郵便物は管財人の元へ届けられ、許可がなければ旅行や引っ越しもできません。

 

・官報に記載
自己破産したことは、氏名や本籍地など個人が特定される形で官報に記載されます。
ただし、官報は一般の方が目にすることはありません。

自己破産が認められる状況とは

債務整理は借金の返済が困難になった方のための、国が定めた救済措置です。
債務整理を考えている方は、よほど大変な状況であれば自己破産も視野に入れているかもしれませんね。
債務整理には『任意整理』『個人再生』『特定調停』そして『自己破産』があります。

 

自己破産は借金の全てが免除される制度です。
いわゆる「借金がチャラになる」ということです。
借り入れ額があまりに大きく、現在の収入ではとても支払えないという場合に選択する方法ですが、裁判所が認めなければ受けられる措置ではありません。
かつては300万円程度の借金でも、自己破産が認められていました。
しかし自己破産者が増え、あまりにも借金や自己破産を簡単に考えるケースが多くなってしまったため、自己破産を認める借金総額が増加傾向にあります。
以前300万円程度の借金で認められていた自己破産が、最近では多重債務であれば総額500万〜600万円の借金で認められるケースが多くなったようです。
ただし、収入との兼ね合いがありますので、一概には言えません。

 

自己破産では借金は免除になりますが、持っている財産も全て差し出さなければいけません。
預貯金、土地や家屋などの不動産、自動車、証券、生命保険の解約金など、財産という財産は全てです。
また、自己破産後には就けない職種がありますし、はく奪される資格もあります。

 

全てを失ってゼロからの出発となりますが、そこまでしなければ生活を再生できない債務者にとっては、有り難い救済措置となるでしょう。

 

借金返済でお困りならコチラ