過払い金とは?

『過払い金』という言葉をご存知でしょうか。
最近、CMなどでよく見聞きするのではないでしょうか。
「過払い金請求をしましょう」という呼びかけがありますが、では『過払い金』とは一体何のことでしょうか。

 

経営破綻した大手金融業者が記憶にありますか。
それまで業界トップとも言われていた金融会社の突然の経営破綻でした。
あれがまさに『過払い金』の支払いによる破綻だと言われています。

 

『過払い金』とは、簡単に言うと、金融業者から借金をした場合の、“出資法”と“利息制限法”の金利の差額分のことです。
支払う必要がなかった分を払い戻ししてもらうものなので、当然の権利があります。

 

“利息制限法”では、年率『借り入れ10万円未満の場合で20%』『借り入れ10万円〜100万円未満の場合で18%』『100万円以上の場合で15%』となっています。
ですから、この金利で返済すればOKということです。

 

しかし実際には、金融業者では出資法の利息29.2%程度で契約することがほとんどなので、そこで差額が生まれるということです。
返済期間が長くなればなるほど、過払い金が発生する確率が高くなります。
ご自身の借金に過払い金があるかどうかは、取引履歴があれば分かります。
ただし個人で調べようとすると金融業者の協力を得られない場合もありますので、法律のプロである弁護士に依頼することをおすすめします。
過払い金請求は10年で権利が消滅しますので、過去10年以内に完済していない借金があった方は過払い金の調査を依頼すると良いでしょう。

過払い金が発生する仕組み

借金をすると必ず金利が付いてきます。
返済している間、残りの借金に対して金利が付き、返済をする際には金利を一緒に支払っています。
しかしこの金利を払い過ぎている可能性があり、払い過ぎた分は返してもらうことができるのです。

 

では、なぜ払いすぎてしまったのでしょうか。

 

実はお金の貸し借りに関する法律は『出資法』と『利息制限法』があり、その上限金利には差額がありました。
その差額を『グレーゾーン金利』と言います。
法改正が行われるまで、当たり前のようにグレーゾーン金利を取り続けた貸金融業者があり、そのため過払い金が発生してしまったのです。

 

『出資法』の上限金利を超過すると刑事罰で罰せられます。
しかし『利息制限法』の上限金利は超過しても刑事罰で罰せられることはありませんでした。
『過払い金』というのは、借金を返済する間に払い続けたグレーゾーン金利で、元々払う必要のないお金なのです。

 

法改正でグレーゾーン金利が廃止され、現在では過払い金が発生することはありませんが、法改正の前に借金をしていた方は過払い金が発生している可能性があります。
まずは確認する必要がありますので、弁護士に無料相談をしてみると良いでしょう。
現在も返済が続いているという方でも、法改正以前の契約であれば調べる必要があります。
調べた結果「とっくに完済していて、尚且つ返金があった」という方もたくさんいらっしゃいます。
過払い金は黙っていれば返ってくることはありません。
返還請求をして初めて返金されるお金なので、心当たりがある方はまずは調査を依頼しましょう。

 

ただし、過払い金請求の時効は最後の取引から10年です。
過払い金返還請求をする際は、借入先に取引履歴を請求しなければいけません。
個人で行うと金融業者との交渉が上手くいかないケースがあるため、弁護士に依頼することをお勧めします。
取引履歴を受け取ったとしても計算をしなければいけませんので、専門家に任せた方が無難でしょう。

 

借金返済でお困りならコチラ