債務整理4種類の中でどれがいいのか?

借金返済が困難になると、債務整理をする場合があります。
債務整理の手続きは、弁護士などの法律の専門家に依頼すると良いでしょう。

 

債務整理には4種類の方法があります。

任意整理
自己破産
民事再生
特定調停

 

上記の4種類です。

 

どの方法を選択するかは、借金の総額や収入、財産などの状況を考えて、債務者個人に合った方法を取ることになります。
それぞれの方法には条件などもありますので、弁護士と相談をして決めると良いでしょう。

 

借金は返済するのが当たり前です。
契約はそのためにありますし、個人の都合で返済したりしなかったりは許されません。
しかし借り入れするときとは状況が変わってしまい、病気やケガや失業などで返済ができなくなってしまう場合もあります。
そのような場合の救済措置として、4種類の債務整理の方法を国が用意してくれているのです。

 

借金を返済しないということには後ろめたい気持ちが付き纏うため、なかなか相談できずに状況を悪化させてしまうケースが多くあります。
しかし債務整理は国が定めた方法ですので、有り難く利用すると良いでしょう。

 

無理をしなければ支払いが可能な場合は、任意整理を選択して返済額を減額し、支払える範囲で返済を継続することも可能です。
返済することが不可能で生活もままならない状況の場合には、自己破産の方法で生活の再建を図ると良いでしょう。
それぞれの方法には、資格取得や職種、旅行や引っ越しなどの制限がある場合もありますので、その点も把握する必要がありますね。

 

まずは借金に関する無料相談を受け付けている法律相談所に相談してみましょう。

債務整理、相談に行く前に

債務整理とは、借金の返済が困難になった方への救済措置です。
任意整理、自己破産、個人再生などがありますが、債務者に合った方法で手続きを行うと良いでしょう。
ただし、個人で手続きを行うことは非常に困難ですので、弁護士や司法書士など法律の専門家に相談することをおすすめします。

 

では、弁護士事務所や司法書士に相談に行く前に、ある程度把握して話せるようにしておきましょう。

 

【現在の自分のこと】
氏名、年齢、職業、年収
既婚か独身か
住宅の状況:戸建て、自己所有・借家・親所有、住宅ローンの有無(月々の返済額と残金)、支払い義務の有無
車の有無:自己所有、家族所有、ローンの有無
借金の理由:事業資金、生活費、ギャンブル、浪費、等々

 

【現在の借金の状況】
借り入れ件数:業者名、各借入金額、詳細(各借り入れ時期、完済・返済中)
借り入れ総額:全ての借金の総額+利息

 

【その他の情報】
借金について家族の承認の有無
家族や会社に知られたくない
自分が対応できる時間帯
連絡可能な電話番号
等々

 

相談する際、時間制限がある場合が多いので、上記のことを書き留めておくと良いでしょう。
隠し事や嘘をついても何の得もありません。
全て正直にお話しして、相談するようにしてください。
そのためには信頼できる弁護士や司法書士である必要があります。
HPや口コミなどを参考にしても良いでしょうし、地域の相談所で紹介してもらうのも良いですね。
債務整理を得意としている弁護士は経験が豊富で債権者にも顔が利き、交渉がスムーズに優位に進む可能性が高いので、債務整理を得意としている弁護士をインターネットで調べてみると良いでしょう。

 

借金返済でお困りならコチラ