弁護士に相談する債務整理

借金の返済が困難になったら、法律の専門家に相談をしましょう。
返済しようと頑張って、今月は何とか返済できたとしても、来月の返済期日はあっという間にやってきます。
返済するためにさらに借金を重ねたり、返済を優先にして生活がままならない状態になる前に、まずは法律の専門家に相談してください。
費用がかかることを考えて個人で債務整理の手続きを行おうとする方もいるようですが、ほとんどの方が挫折しています。
専門家に依頼すると、依頼した段階で債権者からの督促や取り立てもストップします。
個人では、督促や取り立てが継続する中で手続きすることになってしまいます。
その点だけでも、専門家に依頼する意味がありますね。

 

法律の専門家と言えば弁護士や司法書士ですが、ここでは弁護士に相談するケースについてお話ししましょう。
弁護士の中でも債務整理を得意としている方がいますので、そのような弁護士を探すと良いですね。
経験が豊富で何度も交渉をしている敏腕弁護士であれば、債権者が太刀打ちできずに優位な交渉になる場合もあります。
弁護士は、債務整理の全ての代理人となることができるので、依頼人は言われた書類を揃えるだけでOKです。

 

ただし、弁護士の中には悪徳弁護士もいないわけではありません。
相談する側の焦りや心情を逆手に取って、質の悪い考えを持つ弁護士も実際にいます。
焦らず、まずは無料相談をして、信頼できる弁護士に依頼すると良いでしょう。
弁護士を選ぶのは相談する側です。
決して「お世話になるのだから贅沢は言えない」などと思わず、しっかりと見極めて選択してください。

司法書士に相談する債務整理

法律の専門家には弁護士や司法書士がいますが、ここでは司法書士に相談した場合についてお話ししましょう。

 

認定司法書士にも債務整理の手続きを依頼することは可能です。
以前であれば、司法書士は登記や裁判所に提出する書類を作成をすることしかできませんでしたが、現在では法改正により、研修を修了して認定司法書士になれば交渉権や代理権が認められます。
ですから、司法書士に債務整理の相談をする際は『認定司法書士』であることを確認しなければいけません。

 

ただし、司法書士が債務整理を請け負うには条件があります。
・債務整理で得る利益が140万円以内
・代理人になれるのは簡易裁判所での裁判のみ
・個人再生や自己破産は司法書士では代理人になれない(提出書類の作成代行のみ)

 

弁護士は全ての債務整理の代理人になることができますが、司法書士ができることには上記のような制限があります。
司法書士に相談するか、弁護士に相談するか、債務整理の相談をする際に悩んだ場合には、まず無料相談を利用しましょう。

 

借金返済でお困りならコチラ