任意整理とは?

借金を整理する方法には、『任意整理』『自己破産』『個人再生』『特定調停』があります。
このような方法を総括して『債務整理』と言い、借金を整理する方法として国が定めたものです。

 

ここでは『任意整理』についてお話しします。
任意整理は、借金を整理する債務整理の中の一つであるということは先ほどお話ししましたが、『任意整理』を執行するには借金の総額や債務者の状況などの条件をクリアしなければいけません。

 

条件として。
任意整理をしても返済は継続しますので、ある程度の収入が必要です。
また、支払期間3〜5年(36回〜60回)で返済できる見込みがなければいけません。
任意整理には自己破産のようなデメリットがほとんどないので、債務問題で悩んでいる方は相談してみると良いでしょう。

 

任意整理は、いわゆる「借金がチャラになる」ものではありません。
基本的には債権者への返済が継続します。
ただし、利息や遅延損害金などがカットされるため、元金またはそれに近い金額の返済となります。
ですから返済金額が減額になり、任意整理後の返済は確実に負担が小さくなります。
債務者の状況や弁護士と債権者の交渉次第ですが、長期の分割返済が認められた場合、1ヶ月の返済額が大幅に減額する可能性も大いにあります。

 

任意整理はほかの債務整理とは異なり、裁判所の介入がないため手続きなども非常に短期間で終了します。
ですから解決が早いのも任意整理の特徴です。
ただし、任意整理は個人で行うことはできませんので、必ず弁護士などの法律の専門家に相談して依頼するようにしましょう。

家族や会社などにバレにくい任意整理

『任意整理』とは、裁判所が介入せずに手続きすることが可能な債務整理です。
債務者の代理人として弁護士が債権者と交渉し、現実的に支払いが可能な条件で契約をし直す手続きです。
裁判所の介入がない債務整理ですから、手続きも比較的簡単ですし裁判所への出頭も官報への掲載もなく、デメリットがない債務整理方法だと言えます。

 

対象とした借金の利息を免除してもらい、元金だけを3〜5年かけて支払っていく方法で、整理したい借金を自分で選ぶことができるのも任意整理の特徴ですね。
また、過払い金が発生している場合には、任意整理で利息が免除になった上で元金から差し引かれます。
グレーゾーン金利時代から借金の返済をしてきた場合は、過払い金があることが考えられますね。

 

先述したように、整理したい借金を自分で選ぶことができるため、多重債務で仮に6社の借り入れがあった場合でも4社だけ任意整理する事ができます。
個人再生や自己破産では借金全てが対象となりますが、任意整理では選択できるのです。

 

そして弁護士に依頼した時点で受任通知が各債権者に送付され、督促がストップされます。
貸金業法21条で『受任通知受け取り後は債務者に直接取り立てをしてはならない』と定められており、それでも督促があった場合には違法ということになります。
ただし、個人で任意整理を申し立てても支払いの督促がストップすることはありません。

 

そして自己破産や個人再生に比べて、家族や会社などにバレにくいのが任意整理です。
もしも借金の返済で悩んでいたら、まずは弁護士に相談してみましょう。

 

借金返済でお困りならコチラ