個人再生とは?

個人再生とは、借金を整理する債務整理の中の一つです。
債務整理には、個人再生、任意整理、自己破産、特定調停があります。

 

個人再生の手続きには裁判所の介入があります。
主に借金の減額を目的としており、債務者で返済が困難な方の文字通り再生を図ります。

 

任意整理では整理したい借金を選んで手続きを行うことができるため、住宅ローンの返済を継続して行うことが可能です。
ですから財産を失うことがありません。
一方、自己破産では。
全ての借金を対象にして執行されるため、住宅ローンがある場合には住宅ローンの返済も免れることになり、さらに財産も全て失うことになります。
個人再生はこの2つの中間のような制度だと思えばいいでしょう。

 

個人再生は、裁判所が介入して再生計画が認可されると借金の減額をしてもら得る手続きです。
原則として下記の金額に減額となります。
任意整理より減額の幅が大きくなります。

 

[借金金額:100万円〜500万円]⇒[借金返済想定額:100万円]
[借金金額:500万円超〜1500万円未満]⇒[借金返済想定額:借金金額の5分の1]
[借金金額:1500万〜3000万円]⇒[借金返済想定額:300万円]
[借金金額:3000万円超〜5000万円]⇒[借金返済想定額:借金金額の10分の1]

 

減額された借金を3〜5年で返済します。
ほとんどの場合が3年ですが、特別な事情がある場合には5年まで延ばすことが可能です。
自己破産に比べて失うものが少なく、保証人になっていなければ家族に迷惑をかけることもありません。
従って、家族がローンを組むことに影響することもありません。

個人再生の手続き

任意整理は債務整理の中の一つです。
債務整理を考えている方の中には、任意整理では解決できないケースもあります。
任意整理と違って個人再生の場合は裁判所が介入し、債権者と債務者(代理人)の交渉を裁判所が認めなければ成立しません。
支払いが困難になった借金から減額され、支払いを楽にしてもらうことができます。
借金が大幅に減るので、この方法で助かる方は多いでしょう。
支払い可能な金額まで引き下げてもらえるため、確実に返済していくことができます。
個人再生では、債務者の借金全てを対象としますが、住宅ローンだけは対象外となります。
また、財産に関して没収されるということもありませんので、比較的デメリットは少ない方法です。

 

個人再生の手続きを行う際には、まず弁護士を選ばなければいけません。
経験豊富な方に依頼したほうが良い結果で交渉を成立してもらえる可能性が高いため、債務整理を得意としている弁護士に依頼することをお勧めします。

 

弁護士が決まれば、あとは手続きを進めていくだけです。
債務者は個人再生に必要な書類を作成すれば弁護士が手続きを進めてくれるので、書類作成以外はやることがないと言っても良いでしょう。
また、個人再生を執行する旨を債権者に通知することで、取り立てや督促は一切ストップします。
貸金法に定められているため、通知後の取り立て行為や督促は違法となります。

 

弁護士が裁判所に書類を提出し、民事再生が成立すれば返済は弁護士事務所に支払うことになります。
ですから手続き開始以降、金融業者と関わることはなくなります。

 

手続きにかかる費用は、最初に着手金、手続き完了後に成功報酬という形で支払います。
成功報酬は1社あたりの金額となりますので、複数の金融業者から借金をしている場合には、その分費用も高くなります。
しかし費用の支払方法は分割も認められていますので、大きな負担にはならないでしょう。

 

借金返済でお困りならコチラ