生活費の節約ができないあなたへ・・・

生活費の節約ができないあなたへ・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

節約したい!

節約したい!

生活費の中で余裕を持って生活をしたいという思いは、誰でも持っているのではないでしょうか。
もちろん中には、余裕のある生活を送っている人もいるでしょう。
それは決して少ない数ではないはずです。

しかし一方で、長く続いた不景気の影響で楽な生活ができず、常に節約のことを考えている人も非常に多いでしょう。

節約を心掛けているという方は、老若男女・既婚者・独身者を問わず非常に多くなっています。
昨今、節約に関する本や雑誌が出版され、『節約のための家計簿の付け方』がネット上でも話題となっています。

主婦向けの女性誌は『節約特集』と『ダイエット特集』で売り上げを伸ばし、『日々の節約術』をテーマにしたブログがアクセス数を伸ばしています。
まさに、節約に対する関心の高さが窺えますね。

節約は難しい

節約は難しい

一部の方にとっては『節約はゲームのように楽しめるもの』であり、また別の一部の方にとっては『節約は苦痛でしかないもの』となっています。
毎日家計簿をつけ、数字とにらめっこをして、なるべくお金のかからない生活を毎日毎日繰り返し、成果が上がれば楽しいものかもしれませんが、努力の割りに成果が上がらなかった場合は楽しいものとは言えません。

ただ闇雲に我慢をしたのでは、苦痛以外の何物でもないでしょう。
予算を立てて予算内で遣り繰りをする努力をして、結果的に赤字になったときなど家計簿を付けることさえ嫌になってしまうでしょう。

節約は楽しい

節約は楽しい

しかし節約が功を奏して予算に余裕を残したまま月末を迎えられたとき、全てが報われて「節約って楽しい~」となるでしょう。
人間は現金なものです。
努力をしたことが上手くいけば楽しいし、上手くいかなければ苦痛となるのです。

つまり、「楽しい!」と思える成果を上げれば良いのです。
そのためには家計を数字化する家計簿を付けることは必須です。
僅かな黒字も見逃さないために、まずは家計簿を付ける習慣を身に付けましょう。

遣り繰りの方法

遣り繰りの方法

まずは家計をいくつかの枠に分けます。

①『口座引き落としになるもの』と『現金支出のもの』で分けます。
②口座引き落としになるものは、引き落としになる口座にそれぞれ必要な金額を入金します。
③②の残金が現金支出の金額となりますが、その中から毎月一定額を先取り貯金します。
④③の残金を、1週間ごとの生活費・教育費・小遣い・米代など、必要に応じて小分けします。
⑤小分けした金額の中で足りるように生活をして、残金があれば翌月に繰り越します。

小分けをする際には、必ず『予備費』を準備して万が一に備えます。
無理な予算の立て方をすると必ず挫折をしますので、初めは余裕を持って自分を褒められる結果が得られるようにしましょう。

また、『旅行積み立て』や『誕生日積立』『家電積立』など、いつか必要になるであろう費用を“ちりつも貯金”しておくと、非常に便利です。

初心者の節約方法

初心者の節約方法

初心者でもできる節約と言えば、携帯電話の料金プランの見直しがあります。
これはケータイショップへ行って相談をするだけなので、難しいことはありません。
また、同様に保険の見直しもしてもらうと良いですね。

口座引き落としになるものに関しては、必ず毎月金額を把握するようにしましょう。
金額を意識した上で、ガス料金、水道料金、電気料金のような変動がある料金に関しては「今月は安かった」「今月は高かった」「どうしてだろう」という疑問を持ってみてください。

安いのも高いのも、必ず理由があります。
それを把握することこそが、節約に繋がるのです。

さらに可能であれば保険料のお得な年払いを利用したり、食材を特売でまとめ買いするなど、節約を心掛けましょう。
初心者には“節約を心掛ける”という程度がちょうど良いでしょう。

頑張り過ぎると続きませんし、高いハードルを超えようとすると失敗して挫折することもあるでしょう。
大切なのは継続することです。

節約を心掛けているうちに、慣れると自分なりの節約方法が生まれて来ます。
やり過ぎは禁物です。

節約が楽しめるものになることを祈っています!


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12