サラリーマンの副業で気を付けるべきこと

サラリーマンの副業で気を付けるべきこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

サラリーマンが副業を持つ訳

サラリーマンが副業を持つ訳

副業を持つサラリーマンが増えています。
その背景には、減給やボーナスカットによる生活費の不足、子どもの教育費のため、親の面倒を看るため、などという経済難が見え隠れしています。
中には借金返済のために副業を持っているという方もおり、ほとんどの方が必要に迫られて行っているようです。

老後の資金は5000万円以上必要だと言われており、年金受給に関する不安も多く聞かれます。
そのようなことも、副業を持つサラリーマンが増えた理由だと言えますね。

また、正社員雇用ではなく契約社員やアルバイトなども増えていることで、貯金をするには収入が少なく、将来の備えを真剣に考えるからこそ副業をする人が増えているのでしょう。

サラリーマンの副業で気を付けなければいけないこと

サラリーマンの副業で気を付けなければいけないこと

まず第一にしなければいけないこととして、副業を始める前に本業でお勤めの会社の就業規則を確認しなければいけません。
会社によっては副業を禁止している場合もありますし、副業をする際に許可が必要な場合もあります。
場合によっては懲戒処分の対象となることもありますので、必ず就業規則を確認しなければいけません。

「バレなければ大丈夫」「どうせバレない」などと甘く考えてはいけません。
万が一バレて、処分を食らってから後悔しても遅いのです。

副業が禁止となっている場合には株やアフェリエイト、オークションや不用品を売るなど、ほかの方法で儲ける方法を考えましょう。

会社にバレる原因として、副業先からの給与支払いの申告があります。
ただし、副業先が日払いで、住所等の申請がない場合には、バレない場合もあるでしょう。
また、副業の収入が年間20万円未満であれば申告の必要がないため、ほぼバレる心配はないでしょう。

副業をしている場合、年間20万円以上の収入がある場合には、必ず申告しなければいけません。
申告をしなければ“脱税”となりますので、注意が必要ですね。
必ず確定申告をしてください。

節税対策

節税対策

節税の方法にもいろいろあります。
副業とは関係なく、『医療費控除』『寄付金控除』『特定支出控除』『住宅ローン控除』などがあり、対象者は是非利用するべきですね。

また、副業をしている人の節税方法として、サラリーマンであっても個人事業主となり、経費が収入を上回った場合には赤字申告で税金の還付を受けることができます。
サラリーマンの節税は簡単ではありませんが、間違っても不正はしてはいけません。

体力とモチベーション

体力とモチベーション

副業をする際は、副業の時間帯にも注意が必要です。
もちろん本業の就業時間に副業を行うことはできません。
本業の退社後、出勤前、或いは休日を利用することになりますね。

しかしその時間帯に副業をやるとなると、体力的な不安を感じる場合もあるでしょう。
「空いている時間は全て副業に充てる!」などと、無理な計画を立てると続きません。
きちんと睡眠をとり、休息の時間や気を休める時間がなければ、体を壊すことにもなり兼ねませんし、場合によっては心の病になることも有り得ます。

決して無理をしないことです。
継続できる形を取って、体力とモチベーションを保たなければいけませんね。

借金と副業

借金と副業

借金返済のために副業をしている方は、副業の収入は必ず全て借金返済に充てるようにしましょう。
「少しくらい遣ってもいいよね」などと考えて、返済以外のことに遣ってしまうのは本末転倒です。
できるだけ早く完済をしなければ、余計に金利を支払うことになってしまいます。

また、副業で稼いだお金を生活費や趣味に遣うようになると、副業ありきの収支となる恐れがあります。
そうなると、副業を辞めたときに本業の収入だけで生活することが難しくなり、さらに借金を増やしてしまうことも考えられます。

借金のために副業をしている方は、副業の収入は必ず全て借金返済に充ててください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12