貯金できない人・・・

貯金できない人・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

貯金できない人の収入

貯金できない人の収入

『収入が少ないから貯金できない』『収入が多いから貯金がたくさんある』
一般的には、このような捉え方をするかもしれませんね。

しかし、実際には月収12万円でも貯金している人はいますし、月収100万円でも全く貯金できない人もいます。
つまり収入と貯金額は比例しないということです。

貯金できない人の言い分

貯金できない人の言い分

貯金できない人のほとんどは、「だってお金が残らないもの」と言います。
そして、「食べるものは食べなきゃいけないし、着るものも必要だし、交通費とか携帯代とか、お金が掛かるから仕方がないじゃない?」と言います。

確かに、生きていくためにはお金が必要です。
しかし収入に関わらず、貯金ができている人はいるのです。

「ケチケチしたくない」「普通に(お金を)遣っているだけ」「(生活費から)削るところがない」
貯金できない人の多くが、貯金できないことを正当化します。

もちろん、貯金しないことは悪いことだとは言えません。
しかし将来のため、或いは具体的な目標のために貯金をすることは、万が一に対応することもできますし、経済的な不安を払拭することにも繋がります。

そしてその考え方を少し柔軟にするだけで、すぐに『貯金できる人』になることができます。
中には、自分が貯金できないことに悩んでいる方もいるでしょう。
貯金できない自分と向き合っている方は、一歩リードですよ。

貯金できない人の経済観念

貯金できない人の経済観念

貯金できる人のほとんどが、大体の自分の収支を把握することができています。
一方、貯金できない人の場合、ほとんどの方が収支を把握できていません。

例えば、家賃や保険料などは把握していても、決まった金額ではない食費などに関しては「分からない」と答える人が多くなっています。
ですから支出の中に使途不明金があり、公共料金の引き落としのために利用している通帳の残高も「分からない」と答える人が多いようです。

貯金できない人の経済観念は、このように非常に大雑把です。

収支の把握

収支の把握

貯金できない人は、まず収支を把握してください。
簡単なもので構いませんので、家計簿を付けてみましょう。

収入がいくらで、食費、水道光熱費、日用品費、携帯電話の利用料金、保険料、など費目別の支出がいくらになっているのか、家計簿を集計して算出してください。

収支が把握できたら、気になる費目や遣い過ぎていると感じる費目に着目しましょう。
お金の遣い方には、それぞれにクセがあります。

食費はほとんど掛けないのに雑誌代にはお金を掛けている、交際費に掛かり過ぎ、タクシー代がスゴイ!など。
お金の遣い方は、書き出さなければ気付かないところがあるものです。

家計の改善

家計の改善

収支の把握ができて削れる費目が明確になったら、具体的に予算を立てましょう。
予算の立て方として、過剰な節約など無理をするのはやめましょう。
非現実的な予算や、すぐに挫折してしまいそうな金額では、やる気が萎えてしまいます。

さらに、家計簿は家計が落ち着くまでは継続しましょう。
収支は毎月変化します。
家計簿を継続して記入し、お金の流れを把握しましょう。

お金の流れが大体把握できるようになったら、予算の中に“貯金”の項目も入れてください。
毎月の貯金額を決めます。
決めた貯金額は、給料日にすぐに貯金用の通帳に入金します。

貯金用の通帳

貯金用の通帳

貯金用の通帳を用意してください。
その通帳は、貯金をするためだけに使います。
急な出費や家電の買い替え、生活費の補てんをするためなどに引き出すのは、別の通帳を利用しましょう。

貯金用の通帳は、『引き出し禁止』とします。
ですから、確実に貯金ができるようになります。

急な出費や家電の買い替え、生活費の補てんをするための通帳と、貯金用の通帳を一緒にしていては、貯まるものも貯まりません。
必ず別々にしてください。

最も重要なこと

最も重要なこと

“貯金できない人”が“貯金できる人”になるために、最も重要なことは『貯金しよう!』という意思です。

「貯金できたらいいな」とか「残ったら貯金しようかな」くらいの気持ちでは、1年経っても大した金額は貯まりません。
「貯金しよう!」というご自身の意思こそが、貯金できる自分になる最大のキッカケになるということを忘れてはいけません。

そして貯金を始める前に、具体的な目標を立ててください。
『1年で〇〇万円』『ハワイ旅行!』『ブランド物のバッグを買う』『結婚資金』など、ご自身のモチベーションが上がる目標であれば、何でも良いでしょう。

無理をしては続きません。
できるところから少しずつ始めましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12