年間100万円貯金する節約術

年間100万円貯金する節約術

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

年間100万円

年間100万円
1年に100万円、と考えると長期に渡る貯金が必要だと感じるかもしれませんね。
また、100万円という金額に現実味を感じない方もいるでしょう。
『年間100万円』というのは最終的な目標ですので、この金額をより現実的なものにするために、短いスパンで目標を立てましょう。

1ヶ月の貯金額

100万円÷12ヶ月=83,333円

1日の貯金額

100万円÷365日=2,739円

1ヶ月に83,333円、1日に2,739円の貯金をすることができれば、年間100万円の貯金を達成することができます。
この金額を大きいと捉えるか小さいと捉えるかは個々によって異なりそうですね。

明確に1つ言えることは、毎日必ず2,739円ずつ貯金できるとは限らないということです。
そして給料は1ヶ月に1度だけ支給されるもので、その中で家計の遣り繰りをしなければいけません。
しかしこの金額が目安となって、浪費を防ぐことができるかもしれませんね。

給料日の先取り貯金

給料日の先取り貯金
確実に年間100万円を貯金するためには、給料日に83,333円以上を先取りして貯金することです。
貯金するための通帳、貯金専用の通帳を用意したほうが良いですね。

最初に先取り貯金をすることで、確実に100万円を貯めることができます。
しかし問題は、83,333円を先取り貯金した後の給料の残金で生活が成り立つのか?ということです。
ギリギリでも生活が成り立てば、年間100万円は達成できるでしょう。

一つ注意点として、ボーナスは貯金できる金額として当てにしないことです。
ボーナスは必ず毎年支給されるとは限りませんし、支給されても減額されている場合もあるでしょう。
出ないかもしれないお金を当てにして、100万円貯金の計算に含ませるのは予定が狂う恐れがあります。

ボーナスがなくても貯金できる家計にするということは、何よりの強みになるでしょう。
もしもボーナスが出た場合は、100万円+ボーナスを最終的な目標に変更と良いでしょう。

目標!月3万の節約

目標!月3万の節約
月3万円の節約をするためには、少しの工夫と努力が必要です。
大きく節約できる方法として、『外食を控える』ということをお勧めします。
家族4人で外食をした際、掛かる費用は平均7,700円程度です。
それまで外食が頻繁だった場合は、その効果は絶大です。

さらに、ご主人のお小遣いを減らしてお弁当を作るという方法もあります。
お小遣いを減らすことに抵抗はあるかもしれませんが、お弁当を持参できるとなると健康面でもメリットが多くなります。
ご主人のお小遣いを1万円減らしてお弁当を作ることで、ご主人にとっても家計にとってもプラスになるのではないでしょうか。

食材の買い物は週に1度のまとめ買いにすることで、無駄な買い物を防ぐことができます。
まとめ買いをしたら、購入した食材で工夫して1週間の食事を作ります。
予め献立を立ててから買い物をするのも良いですね。

ほかには、保険の見直し、携帯電話のプランの見直しなどをしてみると良いでしょう。

本気で達成しようとする

本気で達成しようとする
『年間100万円貯金しよう!』という目標を立てたら、それを本気で達成する努力をしてください。

節約できない人の中には、一つ一つの節約方法に対して「これはできない」「これはしたくない」「これだけは譲れない」とまるで自分のこだわりのように節約方法を拒否する方がいます。
しかしそれでは節約はできません。

節約なしで年間100万円が達成できれば問題はありませんが、節約をしなければ年間100万円を達成できない場合には、何かを犠牲にしなければいけないケースもあるでしょう。
「犠牲にしなきゃいけないものがあるなら、年間100万円の貯金はやめる」という方もいるでしょう。

でも、せっかく一度は「やってみよう!」と思ったことです。
やれるところまでやってみませんか。
「無理だわ、やめる」と思っていたことが、やってみたら意外とできちゃった!ということもありますよ。

1年後、100万円貯まっていたら何がしたいですか?
早速、始めてみましょう!
健闘を祈ります!頑張って!!


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12