総量規制と債務整理の関係をおさらいしてみた

総量規制と債務整理の関係をおさらいしてみた

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

総量規制とは

mo1171-m

総量規制は、貸金業法の改正で新たに制定された制度で、『貸金業者は、利用者の年収の1/3を超える貸し付けをしてはならない』という制度です。
年収の1/3ですから、300万円の年収の方には100万円を超える貸し付けをすることはできません。

ここで注意していただきたいのは、この制度はあくまでも貸金業者を対象にした制度であり、万が一年収の1/3を超える貸し付けをした場合には貸金業者に罰則があります。
決して、利用者に対して『年収の1/3を超える借り入れをしてはならない』と言っているものではないのです。

総量規制は2010年に制定された制度で、この制度により多重債務者や自己破産をする人を減らすことを目的としています。
多重債務や自己破産は、一時社会問題になるほど大きな問題となり、その解決策の一つとして総量規制が制定されたというわけです。

かつて消費者金融が急成長した時代には、利用者の希望額以上の貸し付けを『限度額』という形で与える消費者金融がたくさんありました。
また、貸し付けできる金額は各消費者金融の規定により異なりましたが、現在、総量規制ができたことにより、一定額のラインを引くことができたと言えますね。

債務整理とは

債務整理とは

債務整理とは、読んで字の如く、『債務』と『整理』することです。
多重債務や多額の借金で返済が困難になった場合に、その状況を打開して救済することを目的とした制度です。

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産があり、これらは借金の返済が困難になった人を救済することを目的として国が定めた制度なのです。

任意整理

現在ある借金の中から整理したい借り入れを選択し、債権者と交渉をして利息をカットしてもらえる制度です。

民事再生

現在ある全ての借金を対象とした制度で、借金そのものの減額をしてもらえる制度です。

自己破産

現在ある全ての借金をゼロにすることができる制度で、同時に換価処分の対象となる財産を回収されてしまいます。

債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に相談をして申請すると良いでしょう。
弁護士や司法書士の中には、借金を専門にしている方がいますので、確認してから相談すると良いですね。

「債務整理をしたら人生は終わりだ・・」などと考えて、返済が困難な状況をもがくように生きている方もいらっしゃいます。
しかし債務整理は先述にもありますように、国が定めた救済措置です。
ですから、堂々と利用すれば良いのです。

債務整理で人生が終わるわけなどありません。
債務整理はむしろ人生の再スタートを切るキッカケになるでしょう。

現在、借金の返済が困難な場合には、前向きに検討してみましょう。
まずは無料相談をご利用ください。

総量規制の効果

総量規制の効果

総量規制によって、以前に比べて借り入れできる金額が少なくなったという方は少なくないでしょう。
これまで利用できていた限度額が縮小されてしまったり、今まで追加の借り入れができたのにできなくなってしまったということで、不便を感じている方もいるのではないでしょうか。

利用できなくなったことで生活が困窮したり、或いは返済が滞ってしまったという方も少なくありません。
結果的に返済が困難になり、債務整理をすることになったという方もいるようです。

しかし考えてみたら、そのような方がこれ以上借り入れを増やしたとしても、いずれは破たんして債務整理をすることになったと言えます。
考え方によっては、早めに引き返すキッカケができて良かったと考えるべきかもしれませんね。

借金は返すことが大前提です。
返済をするために新たな借金を増やしたり、生活費に借り入れが絶対的に必要な場合、既に返済をすることが困難な状況であると言えます。

そういった意味でも、総量規制の効果は大きなものがあるのではないでしょうか。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12