キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングとカードローンの違いは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

キャッシングとカードローンの共通点

キャッシングとカードローンの共通点

キャッシングやカードローンなど、いざというときにお金の工面ができる方法が手軽になりました。
かつての借金よりも利用しやすくなり、仕事を持たない主婦の方でも多くの方が利用をしています。

では、キャッシングとカードローンはどんな違いがあるのでしょう。

・利用する際には簡単な審査があります。
・保証人や担保は必要ありません。
・申し込みから借り入れまで非常に短時間で利用することが可能で、当日のうちに現金を手にすることができます。
・本人確認のため身分証明書の提示は必要ですし、現在の他社からの借り入れについても質問があります。
・業者側は申込者についての情報を信用情報機関から得ることができるので、審査に時間が掛からず貸し付けが可能です。
・利用する際にはATMやキャッシュディスペンサーを利用して、借り入れも返済も専用のカードで行います。

ここまでお話しして、キャッシングとカードローンに違いはありませんね。

キャッシングとカードローンの支払方法

キャッシングとカードローンの支払方法

キャッシングとカードローンの決定的な違いは、その支払方法です。

カードローンは、限度額までの金額であれば何度も繰り返し出し入れすることができ、支払いはリボルビング払いとなっています。
毎月一定額の入金となっており、限度額内で自由に遣り繰りすることが可能です。

一方キャッシングは、借り入れした金額は翌月一括払いが一般的となります。
限度額内であれば何度でも利用は可能ですが、遣った分は翌月の支払いとなるのです。

それぞれの使い方

それぞれの使い方

一見、カードローンのほうが使いやすいと感じるかもしれませんね。

しかしその使いやすさ故に、まるで貯金を遣う感覚で利用し、いつまでも借金がなくならないというケースが非常に多いのも現状です。

限度額は「自由にできる自分のお金」ではなく、あくまでも借金であることを忘れてはいけません。
ただし、手軽に利用できることから、少し生活費の補てんがほしいときや、交際費が足りないときなど、非常に便利に利用することができるでしょう。

一方キャッシングは、借り入れした金額とその利息を翌月に一括返済となりますので、借り過ぎやいつまでも返済が終わらないということはありません。

翌月一括返済となると、使い方によっては「負担が大きい」「一度に返すのは大変」と思う方もいるかもしれませんね。
しかし、返済が長引くことで金利が多くなることを考えると、むしろ経済的な利用だと言えるでしょう。

急な出張でお金が必要になったり、冠婚葬祭で一時的な借り入れをしたいときなど、非常に便利に利用することができるでしょう。

カードローンもキャッシングも返済計画は大事

カードローンもキャッシングも返済計画は大事

カードローンは銀行などでカードが発行され、ATMやCDなどで利用することができます。
金利は少々高めですが、リボルビング払いが中心となっているため、利用しやすいでしょう。

キャッシングは一般的にクレジットカードに付いている機能で、金利はカードローンに比べて安くなっており、返済方法は翌月一括払いとなっています。

カードローンとキャッシングには、それぞれのメリットデメリットがあります。
いずれも借金であることには違いがありませんので、使い方には十分気を付けなければいけませんね。

実は、手軽に使えて返済も楽々のカードローンの方が、返済が困難になるケースが多くなっています。
もちろんキャッシングなら大丈夫!ということはなく、無理な利用をすると返済が困難になるケースはありますので、十分気を付けなければいけません。

カードローンもキャッシングも、借り入れをする際には必ず返済計画を立てましょう。
ご利用の際には、ご自身に合った方法を選択すると良いですね。
計画的に、返済に無理がないようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12