消費者金融の審査に落ちた理由を考えてみる

消費者金融の審査に落ちた理由を考えてみる

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

消費者金融の審査

消費者金融の審査

消費者金融では、申し込みをすればお金が借りられるわけではありません。
申し込み後に審査があり、審査に通らなければ借り入れすることはできません。

借り入れしたくて申し込みをするわけですから、審査に落ちた場合はけっこうショックを受けるかもしれませんね。
なぜ審査に落ちたのか。自分の何がいけなかったのか。
理由が気になるところですが、消費者金融に理由を聞いても絶対に答えてもらうことはできません。

1度審査に落ちると、次も落ちるのではないかと不安になるでしょう。
落ちた原因が分からなければ、改善のしようもありません。
審査内容や審査基準はそれぞれの消費者金融によって異なりますが、落ちた原因があるなら取り除きたいと考えるのではないでしょうか。

一般的に消費者金融の審査は銀行の審査に比べて通りやすくなっていますので、それでも落ちたということは、他社のカードローンも難しいかもしれません。
下手に数多く申し込みをしてしまうと、『申し込みブラック』となってますます審査に通りにくくなってしまいます。

1日に3社以上の申し込みをすると、それだけで『申し込みブラック』となってしまいます。
1度審査に落ちたら、まずはその原因を探ってみましょう。

消費者金融の審査に落ちる理由

消費者金融の審査に落ちる理由

①他社借り入れの返済の遅延

他社から借り入れやクレジットカードの利用がある場合には、返済状況を信用情報機関で調べることができます。
ですから返済に遅延があった場合には、申し込みをした消費者金融に事故情報として知られてしまいます。

返済の遅延がある人への貸し付けは避けたいと考えますので、審査には通らないでしょう。
もしも他社返済日当日の申し込みだった場合、返済をしてから申し込みに行くようにすると良いですね。

②総量規制オーバーにならないか

貸金業者である消費者金融では、総量規制で年収の1/3を超える貸し付けをすることができません。
ですから、新たな借り入れで年収の1/3以上の借り入れになってしまう場合には、審査に通ることはありません。

また、総量規制内の利用であっても、年収の1/3が間近に迫っている金額であれば、審査に落ちる場合があります。

借り入れの正確な金額が分からない場合や、遅延の記録の確認など、ご自身の借金に関する情報は、信用情報機関に情報の開示請求をして確認することができます。

消費者金融の審査に落ちた人はご自身の信用情報を開示請求して、自分の借金と返済状況の詳細を確認してみることです。
ほとんどの場合、信用情報機関の情報開示で審査に落ちた理由が分かるでしょう。

次の申し込みをするタイミング

次の申し込みをするタイミング

上記でも述べましたように、1日に消費者金融3社以上の申し込みをすると『申し込みブラック』になってしまうため、より審査に通りにくくなってしまいます。
申し込みをしたことは信用情報機関に登録されるため、すぐに他社にも知られてしまいます。

1日に3社以上の申し込みをしているということは、3社以上で審査に落ちた可能性もあり、或いは一気に多額の借り入れをしようとしていることも考えられます。
一気に借り入れをして、計画的に自己破産をするというやり口が横行した時代があり、それを敬遠するためにも1日に3社以上の申し込みをした人は審査に通さない場合が多くなっています。

では、どれくらいの期間が経過したら、次の申し込みをしても良いのでしょうか?

消費者金融への申し込みの記録は、信用情報機関に半年間は残ります。
ですから、できれば半年以上経過してから申し込みをするのがベストでしょう。

審査に落ちたら、まずは信用情報機関へ情報開示請求をし、落ちた理由を探してみましょう。
返済の遅延が記録として残っている場合は、5年間は記録が消えませんので借り入れは難しいかもしれませんね。

また、債務整理をした経験があるかたであれば、任意整理や民事再生であれば5年間、自己破産は10年間は信用情報機関に記録が残ってしまうため、記録が抹消されるまでは審査に通ることは難しいでしょう。

ただし、消費者金融で借り入れができなかったからと言って、闇金融から借り入れをすることは絶対にしてはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12