奨学金の返済を滞納したら一体どうなるの?

奨学金の返済を滞納したら一体どうなるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

奨学金は借金

奨学金は借金

奨学金には給付型と貸与型があり、貸与型は返済しなければいけません。

奨学金を利用した学生が大学を卒業したら、利用者本人に返済義務があります。
親が負担をしている場合もあるようですが、本来は利用者本人に返済義務があるため、滞納をすれば利用者本人宛てで通知が来ます。
どの奨学金制度を利用したかにもよりますが、債務者は利用者本人の名義であることがほとんどです。

大学を卒業後、すぐに就職ができなかったり、給料が安かったり、或いは一度は就職したもののすぐに辞めてしまったなどの理由で、奨学金を滞納している方もいるようです。
「奨学金だから、返済が遅れても大丈夫」などと、根拠のない安心感は捨ててください。
奨学金は学生が学ぶために受けることができる制度ではありますが、「返済はいつでもいいよ~」などという生温いものではありません。

奨学金も立派な貸し付けですので、きっちり返済するのは当然です。
そうです、奨学金も『借金』であるということを忘れてはいけないのです。

返済を滞納したら

返済を滞納したら

就職できなかった、給料が安い、仕事を辞めてしまった、などという理由で返済を滞納する人がいます。
そのような場合、銀行や消費者金融と同様に取り立てがあるでしょう。
また、ほかの貸し付けなどと同様に、長期の延滞は信用情報機関に返済事故情報として登録されます。

例えば、『日本学生支援機構』は信用情報機関の一つ『全国銀行個人信用情報センター(KSC)』に加盟しています。
3ヶ月以上返済を延滞すれば、KSCに延滞情報が登録されるのです。
信用情報機関の返済事故情報とは、いわゆるブラックリストのことで、正式には異動情報と言います。

その後、ローンやカードローンの利用をしようとしたときに、奨学金の滞納のために審査が通らなくなってしまうでしょう。
住宅ローンや自動車ローンなど、銀行系のものは審査が通ることが難しくなります。
延滞情報の掲載は5年間ですが、保証機構が代位弁済した場合や、強制回収手続きとなった場合にも、5年間の記載となります。

「奨学金だから、返済が遅れても大丈夫!」と思っている方が多いようですが、奨学金も立派な借金であり、取り立ては銀行や消費者金融と同様であることを忘れてはいけません。
「スルーで大丈夫」などと、督促を無視し続けると、最終的には強制執行で給料や口座、財産などが差し押さえられます。

日本学生支援機構の奨学金を延滞した時の流れ

日本学生支援機構の奨学金を延滞した時の流れ

では、実際に日本学生支援機構の奨学金の場合、延滞をするとどんな経緯を辿ることになるのでしょう。

①日本学生支援機構の職員や保証機構から遅延を知らせる電話がある

日本学生支援機構は銀行などと同様に保証機構を使っています。
保証機構とは保証会社のことで、延滞などがあったときに取り立てを引き受ける会社のことです。
ですから場合によっては1度目の遅れから、保証機構から電話がかかってくる可能性もあります。

電話は、法の規定により、朝9時~夜9時までの間に携帯電話・固定電話・勤務先のいずれかにかかってきます。
携帯電話や固定電話でしっかり対応をしておけば、勤務先にかかってくることはないでしょう。
初めは「返済をお忘れではないですか?」と親切で丁寧な対応となっています。

②自宅に督促状が届く

①で約束をした期日に入金がなければ、数度に渡って電話がかかってきます。
さらに督促状が届きますが、これは「確かに督促をしました」という証明にもなりますので、裁判などになった場合、言い逃れをすることはできません。
①や②の段階で入金ができれば、問題はありません。

③支払督促申立を執行される

①や②で応じることができず、長期の延滞となった場合、民事訴訟に基づく法的措置となります。

最初に、支払督促予告で『借入金+利息の全額一括返還請求』の通知が届きます。
延滞されている返済額はもちろん、利息と延滞金も含めて、全て一括で返還することが要求されます。

これに応じない場合、裁判所に支払督促申立が行われます。
それでも支払われなければ、裁判所に仮執行宣言付支払督促の申立が執行されます。

④強制執行

③まで来て、それでも返済しない場合、最終段階として強制執行の手続きが取られます。
強制執行となれば、給与や口座の差し押さえや財産があれば財産も差し押さえられ、強制的に返還金の回収がされます。

給与差し押さえは、勤務先に通知が届き、本人に支払われる前に給与の一部が返還分として回収されます。
法律で『給与差押えは給料の1/4まで』とされていますので全額没収されるわけではありませんが、給与の1/4の金額となれば決して小さな金額ではありません。

例えば、給与が手取り25万円の場合、1/4の62,500円が差し押さえられてしまいます。
つまり、手元に来る給料は187,500円となってしまうのです。

月々の返済が困難になったら

月々の返済が困難になったら

様々な理由で返済が困難になってしまった場合、黙って返済を滞納させるようなことをしては絶対にいけません。
借りたものなのですから返すのは当然で、返せない状況になった場合も必ず先方に伝え、相談すると良いでしょう。

日本学生支援機構の奨学金では、状況に応じて月々の返済額の減額や期限を延ばすなど、様々な措置が用意されています。
相談をして、然るべき手続きをした上で、返済を続ける工夫と努力をしていきましょう。

返済が困難な場合の手続き

様々な理由で返済が困難になった場合、返還期限を延ばすことができます。
承認されれば、適用期間中の返済は必要がなくなります。

また、月々の返済額を減額することもでき、返済を楽にすることも可能です。
ただし、減額期限は最長で10年、あくまでも月々の返済額が減額になるだけで減額返還額が減ることはありません。

債務整理をする

返済は困難だけど給与の差し押さえはされたくない、或いは無職で差し押さえられるものもない、という人もいるでしょう。
そのような場合には債務整理をすることになるでしょう。

債務整理は、任意整理、民事再生、自己破産がありますが、もう一銭も払えないという場合には自己破産をすることで奨学金の返済がゼロになります。
ただし、奨学金の場合は、親や親戚の方が保証人となっていますので、返済義務は保証人に移り請求がいきます。

当然ですが保証人も支払えないとなると、保証人の方も自己破産をすることになるでしょう。
つまり、保証人の方には非常に迷惑をかけることになってしまいます。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12