街金は本当に安全なのか?

街金は本当に安全なのか?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

街金での借り入れ

街金での借り入れ

街金とは、地域の小規模な貸金業者で、CMや新聞広告などにで宣伝されることはほとんどありません。

お金がない場合、多くの方が金融機関や貸金業者やクレジットカード会社などからお金の借り入れをしています。
最近のお金の借り入れは手軽に利用ができるカードローンが多くなり、一旦契約をすれば限度額内で借り入れと返済を繰り返して利用することができます。

しかし貸金業法の改正により『総量規制』が制定され、利用者の年収の1/3を超える貸し付けはできなくなってしまいました。
ですから利用者にとっては、借り入れできる金額が少額になってしまった方も多いでしょう。

ただしこの制度は、一時、社会問題にもなった自己破産者の増加や深刻な多重債務による自殺者の増加などを防ぐための制度であり、借り過ぎや過剰な貸し付けを予防するためのものです。
決して、利用者を困らせるために始まったものではありません。

尚、総量規制は貸金業者やクレジットカード会社、信販会社が対象となる制度で、銀行や信用金庫などの金融機関は対象にはなりません。
貸金業者で年収の1/3の借り入れがある場合でも、金融機関では審査に通る可能性はあるということです。

しかし金融機関は貸金業者に比べて遥かに審査に厳しいため、総量規制に引っ掛かるほどの他社借入がある場合、審査に通らない可能性が大きいでしょう。

どこからも借り入れできない場合、どうしてもお金が必要だとなった場合、総量規制とは無関係で審査の緩い貸金業者を探す方も多いでしょう。
絶対に引っ掛かってはいけないのは“闇金融”です。
闇金融の特徴として、最近は電話とネットサイトだけで商売をしていることが多く、店舗を持たない闇金融が多いようです。

総量規制とは無関係で審査の緩い貸金業者と言えば、ほかに街金があります。

街金と闇金融の違いを見極めるのは非常に困難な部分がありますが、まず店舗を持っている場合は街金だと判断しても良いでしょう。
街金ではブラックリストに載っている方や返済の滞納をしている方でもお金の借り入れをすることができ、審査には『申し込み者の人柄』や『個人的な諸事情』などを汲まれることが多いようです。

街金は安全か?危険か?

街金は安全か?危険か?

では、街金は安全なのでしょうか。

街金は安全か否かという問いに対しては、一概には言えない部分があります。
街金の中には闇金融まがいのところもあります。

法外な金利を搾取し、脅迫めいた取り立てや、職場や近所にまで迷惑をかける取り立て行為を繰り返す場合もあります。
そういった危険を考えると、とても「街金は安全です」などとは言えません。

しかし一方で、自己破産などでお金の借り入れができず、本当に困っている人に対して、返済が可能な金額を貸し付けしてくれるような、人情に溢れる街金も存在します。

見極めるポイントとして、第一に店舗を構えて貸金業を営んでいること、さらに古くから地域に根付いて商売をしていることが最低条件となります。
また、貸金業者としての名称を持たずにインターネット上のハンドルネームで申し込みの受付をしている場合や、電話番号のみで商売をしている場合など、闇金融である可能性がありますので避けた方が無難でしょう。

さらに、『ブラックOK!』『多重債務者OK!』などと大々的に謳っている場合も怪しいですね。
何より、大きな違いとして、街金は金利が20%以下で設定されていますが、闇金融は20%以上の違法な金利で設定されています。

万が一、街金と闇金融を間違えて借り入れをしてしまった場合には、早めに法律の専門家に相談をするようにしましょう。
弁護士の中には闇金融問題専門の弁護士がいますので、相談すると良いでしょう。

ブラックじゃなくても街金の利用はできるのか

ブラックじゃなくても街金の利用はできるのか

ブラックリストに載っていなくても、多重債務じゃなくても、街金の利用は可能でしょうか。

申し込みをすれば利用することは可能でしょう。
しかし金利の高さや利用のしやすさなどを考慮した場合、可能であれば金融機関や一般的な貸金業者を利用することをお勧めします。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12