借金の返済をしながら普段の生活も大切に

借金の返済をしながら普段の生活も大切に

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金を返済するということ

借金を返済するということ

「借金が減らない」「借金が増えていく」という方は、心して返済していかなければいけません。
借金がゼロになる日は、向こうから近づいてくるわけはなく、ご自身で完済して初めて訪れます。

とは言え、借金を返済し続ける生活は、利息の支払いという金銭的な負担を負い、長期間に渡る返済は精神的な苦痛も伴います。

1円でも安い利息で1日も早い完済を望み、気持ちを張りつめて仕事を掛け持ちし、欲しい物も我慢して人付き合いも遮断し、日々を借金返済のためだけに過ごすということは、到底無理なことです。

借金の金額にもよりますが、減らすことができない、或いは増える一方の借金だった場合、1年や2年の返済で完済できるものではないでしょう。
つまり、全てを借金の犠牲にして、気持ちを張りつめた生活を何年も続けるということです。

そんなことは普通の人間であればまず無理なことで、どこかで息抜きが必要なのは当然ですし、長期に渡ることを想定して耐えられる程度の生活をすることが大切ですね。
そのためにも本来、借金をするときにはきちんと返済計画を立て、無理のない返済をすることが重要なのです。

借金返済と生活のバランス

返済と生活のバランス

例えば、若い方であれば恋愛を楽しむ時期を借金返済だけに費やしてしまうと、人生の大事なパートナーとの出会いを逃してしまうかもしれません。
また、友達との関係も大切にしていくべきではないでしょうか。

自己啓発にかける時間やお金は、その後、何物にも代えられないご自身の財産になる可能性があります。
また、既婚者であれば、家族で旅行へ出掛けたり、生活を楽しむことも重要です。

このように、形にならない、お金で買うことができないものは、借金の返済に追われている中でも大切にするべきです。

しかし、だからと言って生活の諸々を大切にして、返済を後回しにしてしまうと、『借金が一向に減らない』ということにもなり兼ねません。

借金は、多額になればなるほど、完済が困難になります。
「気付いたら完済してた」などと言うほど、甘いものではありません。

つまり、バランスが非常に重要だということですね。

借り入れしたお金は、必ず返済しなければいけません。
もちろん借金の返済は優先すべきですし、その責任があります。

しかしその中にあって、生活や人生を楽しむということも非常に大切なことです。

借金返済と生活の線引き

返済と生活の線引き

借金を返済しながら生活する場合、決まった収入があれば、その中から返済分を先取りしましょう。
そして、その残りで生活を楽しむようにしましょう。

生活を切り詰めすぎては長続きしませんし、逆に、返済よりも生活を優先してしまうと借金は減りません。
返済分を先取りし、生活を楽しみ、さらに残る分があれば返済に回すというのが理想的です。

基本的には、それが可能な形で返済計画を立てた上で借金をするのが理想だということです。

借金をしてしまった以上、返済する義務があります。
生活も返済もきちんと成り立たせるには、努力が必要なケースが多いでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12