病気で借金が返せない場合はどうしたらいいの?

病気で借金が返せない場合はどうしたらいいの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

病気でも借金返済はしなければいけないのか

病気でも借金返済はしなければいけないのか

どんな人でも病気になる可能性はありますね。
「今まで風邪をひいたこともない!」という人でも、これから一生病気にならないとは限りません。

病気になった場合、手術や入院が必要になることがあります。
そのような場合には仕事を休むことになりますし、病気の内容によっては仕事を辞めざるを得ないケースもあるでしょう。
収入が途絶えると、不安なのはその後の生活です。

さらに借金がある方にとっては、借金の返済も気になるところではないでしょうか。
病気で収入が途絶えることになったとしても、借金の返済義務がなくなることはありません。
仮に、金融機関や貸金業者など債権者にその旨を相談したとしても、返済が免除されることはありません。

病気で返済ができない場合

病気で返済ができない場合

病気で収入が途絶えて返済ができなくなった場合、可能であれば仕事に復帰するまでは貯金で返済を継続してください。
また、長期の入院や休養が必要で、長期間に渡って収入が途絶える場合でも、可能であれば自動車などの財産を処分して借金を完済させましょう。

借金の返済ができなくなった場合
①返済の滞納をして、財産の差し押さえを強制執行される。
②債務整理をして、借金の減額、或いは借金をゼロにする。
③今ある財産で借金を完済する。

この3つくらいしか道はありません。
最もスムーズで問題ないのは、③今ある財産で借金を完済する。という方法です。

借金を滞納したら

借金を滞納したら

もしも病気で収入が途絶えて、借金返済が滞ることがあった場合、どのような措置が執られるのでしょうか。
まず第一に、返済期日が過ぎた段階で、債権者から電話か郵便でお知らせがあります。

この段階では「入金されていないようです」といったソフトなもので、次回入金日の指定があります。
それでも入金できなかった場合には、何度か電話や郵便で督促されます。

そして2~3ヶ月程度の滞納で、内容証明が届いて一括返済を求められ、さらに裁判所から督促状が届きます。
裁判所の督促状は一括返済を命じる内容となっていますが、期限以内に申し立てをすることで債権者と分割払いの交渉をすることができます。

しかし申し立てをしなければ、財産の差し押さえが強制執行されてしまいます。
家や土地、預金口座が差し押さえられ、借金の返済に充てられます。

借金の返済ができないときは

借金の返済ができないときは

借金の返済ができないと判断した時点で、すぐに金融機関や貸金業者などの債権者に連絡をしましょう。
その際、「いつなら返済できるか」を具体的な期日で示すことを求められます。
返済する当てがある場合には、その期日を指定しましょう。

しかし収入が途絶えて「もう返済はできない」という場合には、病床で自分で何とかしようを思っても限界があるでしょう。
借金の返済に充てる財産もない場合には、債務整理を視野に入れて弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。

債務整理には、任意整理、民事再生、自己破産がありますが、専門家によく相談をして方法を選択すると良いでしょう。

多少の財産があり、尚且つすぐに復職できる見込みがある場合には、借金を減額できる任意整理や民事再生をすると良いですね。
しかし復職の目途が立たない場合には、自己破産も考えたほうが良いでしょう。

自己破産をすると財産の没収をされてしまいますが、借金が全てゼロになり、返済の必要が一切なくなります。
「自己破産をしたら人生終わりだ」などと考える方もいるようですが、そんなことはありません。
自己破産は国が定めた債務整理の中でも最も重度の借金苦に陥っている債務者を救済する制度です。
これは人生を終わりにするための措置ではありません。

借金の返済が困難になった方を救済するための措置であることを忘れないでください。
必要な状況では、必ず救われます。

専門家によく相談をして、ご自身に合った方法を選択してください。
いずれにしても病気になったことで借金の返済を免れることはありません。
どの方法を選択するにしても、早めの対応が望ましいでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12