リボ払いでどんどん払い続ける金利・・・

リボ払いでどんどん払い続ける金利・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

リボ払いは損をする?

リボ払いは損をする?

リボ払いが出始めた頃は、「こんなに負担が少ない返済方法があるなんて!」と利用する方が非常に多くいました。
「いくら利用しても定額の支払いでOK!」なんて、それは画期的な返済方法だったのです。

それまでは、利用金額に対して決まった返済金額の入金をしなければいけなかったため、30万円の利用から50万円の利用に増えると返済額も多くなって負担が増えたのです。
しかしリボ払いでは、30万円利用していても、50万円利用していても、同じ金額の返済でOKなのです。

一見、毎月の負担が少なく感じますよね。

でもちょっと待ってください!
リボ払いにも金利がかかります。

30万円の利用でも50万円の利用でも同額の返済でOKなら、当然ですが返済期間は長くなりますよね。
つまり、それだけ長く利息を払い続けるということなのです。

これがどういうことだか分かりますか。
借金の返済は、借り入れした元金に利息をプラスして返済します。
長期に渡って返済をすれば、それだけ支払い総額は大きくなり、支払利息が大きくなるということです。

そういう意味では、「リボ払いは損をする」ということになりますね。

リボ払いの支払方法

リボ払いの支払方法

リボ払いとは、毎月一定金額の支払いを行う支払方法です。
一定額が元金(利用残高)に入金になり、プラス利息の支払いをします。
支払い金額は、設定されているコースから選ぶことができる場合が多く、最低が『5,000円コース』となっています。

例えば、5,000円コースを希望した場合。
毎月5,000円(元金入金)+利用残高への利息=返済金額となります。

手数料は利用残高が多ければ多いほど金額が大きくなるため、返済額は一定ではありません。
基本的には返済が進んで利用残高が減っていけば、利息も小さくなるため、返済額が少なくなります。

手数料の計算方法

利用残高×金利÷365日×30日=手数料

*上記の計算法では、30日に1度の返済を想定したものです。

リボン払いの金利は貸付業者によって異なり、だいたい15~18%が一般的です。
金利は年利ですので、1年間にかかる利率となっています。

リボ払いにハマる理由

リボ払いにハマる理由

リボ払いにハマる理由は、ズバリ返済の軽さにあります。

実際には、「返済が軽い=長期返済=利息の負担が大きい=総支払金額が大きい」ということなのですが、毎月の支払いが軽くなると楽に返済できているという錯覚を覚えてしまうのでしょう。
返済金額が変わらないということは、可能な限りの利用を繰り返しても、月々の返済の負担は変わりません。

しかし、その手軽さが“終わらないリボ払い”の原因となっているのです。

利用残高がなかなか減らないのは、返済金額が小さいからです。
その返済の軽さが、元金(利用残高)を減らさない原因となっているということに気付きましょう。

リボ払いで損をしない方法

リボ払いで損をしない方法

便利なリボ払いを利用しながら損をしない返済方法があります。
一定額の返済でどんどん元金(利用残高)を減らすためには、返済額を増やすことです。

つまり、返済金額の変更をして返済金額を可能な限り大きくするのです。
ほとんどの場合、ネット上で変更することができますので、HPを確認してみると良いですね。

また、「毎月の返済金額が大きくなることには不安がある」という場合には、可能であれば繰り越し返済をしましょう。
ボーナスが出たときや、まとまったお金ができたときなど、繰り越し返済をすることで元金(利用残高)を減らすことができれば、支払い利息も減らすことができます。

リボ払いを利用するときの注意点

リボ払いを利用するときの注意点

リボ払いを利用する際、常に利用残高を確認するようにしてください。
毎月、いくらの利用残高があっても決まった金額の返済をするため、借金が増えたという感覚を持ちにくいのが“リボ払い”です。
リボ払いがどんなに手軽な利用方法であっても、借金であることに変わりはないということを忘れないでください。

常に、いま自分はいくらの借金があるのか、把握することは非常に重要です。
そして、必ず完済することを目指してください。
計画的な返済で、キャッシングやリボ払いをより便利なものとして利用することができるでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12