借金生活を乗り越えるために・・・

借金生活を乗り越えるために・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金で悩む…

借金で悩む…

借金の悩みを抱えている方は、実は少なくありません。
『少なくない』というより『多い』と言ったほうが良いかもしれませんね。

・借金が減らない
・返済が困難
・返済のためにさらに借金をしてしまった

上記のような悩みが多くなっているようです。

借金は、人生を狂わせ、崩壊させ、場合によっては地獄を見ることもあります。
この『借金』の悩みから抜け出すためには、やはり努力なくしては実現は不可能でしょう。

収支の見直し

収支の見直し

まず第一にやることとして、『収支の見直し』があります。

1ヶ月の収入と生活費等々の支出を全て正確に書き出して、収支のバランスを見てみましょう。
収入の方に借金の返済分が残っていれば、返済は可能なはずです。
もしも、返済分が出ないという場合には、支出の見直しをしてください。

携帯電話のプランは負担になっていませんか。
保険の見直しをする必要はありませんか。
外食が多くなってませんか。
クローゼットに洋服がいっぱいなのに、頻繁に洋服を買っていませんか。

ちょっと立ち寄ったお店で無駄な買い物をしてしまったり、コンビニでお菓子を買うことが習慣になっているなど、小さな金額が積み重なって大きな出費になっていることはよくあることです。
まずは、収支の見直しをして、余裕のあるお金は返済に回しましょう。

でも、それが一生続くわけではありません。
苦しくなった借金の返済が終わるまでのことです。
大丈夫です。
努力をすれば、必ず結果が出るはずです。

地道に返済し続ける

地道に返済し続ける

借金の返済は、「なんとかなる」ものではありません。
確実に返済しなければ、当然借金が減ることはないのです。

ご自身のお金の収支や流れを把握したら、返済に充てるお金を確保してください。
毎月の地道に返済し続けることが大切です。

必ず利息を超える金額を入金して、元本を返済しなければいけません。
利息さえ入金すれば、事故にはなりませんから。

しかしそれでは、一生借金はなくなりませんよ。
『確実に返済する』ということは、元本への返済ができる金額の入金です。

多重債務の場合

多重債務の場合

多重債務の場合、件数や金額によっては、「どんなに計算しても返済は無理!」というケースもあるのではないでしょうか。
もちろん、少しの節約で返済が可能であれば、その努力は必要ですね。
ただし、可能であれば、金融機関で『おまとめ―ローン』を利用して、借金の一本化をすると良いでしょう。

借金を一本化することができたら、それまで借り入れしていた貸付業者は必ず解約し、二度と借り入れできないようにしましょう。
借金を一本化した上に、完済した貸付業者から再び借金をしてしまうと、借金はどんどん増えていきます。
実際に、こうしたケースはありますので、借金を増やせない環境を作ることは重要です。

では、一本化もできなかった場合、どうしたら良いでしょう?

その場合は、躊躇せずに専門家に相談して債務整理をすることを考えてください

『専門家への相談』や『債務整理』など、「そんなことは怖くてしたくない」と思う方もいるかもしれませんね。
しかし相手は専門家です。

少なくとも素人の頭で考えるより、確実な案を提示してくれるはずです。
怖がる必要も、不安に思う必要もありません。
まずは電話の無料相談を受けてみてください。

借金できない環境づくり

借金できない環境づくり

借金を繰り返してしまう人、借金生活を乗り越えるのが大変だった人は、もう借金はしないほうが良いでしょう。

債務整理をすれば、5~7年は借り入れをすることができません。
ですから、自然と借金できない環境となります。

しかしコツコツ返済して完済した人は、またいつでも借金することができてしまいます。
特に、借金癖のある方は、しっかりと対策する必要があるでしょう。

日本信用情報機構(JICC)は、信用情報を取り扱い会社です。
借金の有無や、いわゆるブラックリストと呼ばれる自己記録が残るのも日本信用情報機構です。

こちらでは、『借入自粛制度』というものがあります。

『〇〇という人物は、返済能力がありません』という、借り入れを自粛する届け出のことで、貸付業者を中心にクレジットカード会社や信販会社、銀行や信用金庫なども会員になっており、情報が入ります。
この借入自粛制度には、法的な作用は一切ありませんので、この人物に貸し付けをしても罰則などはありません。

しかし、返済能力がない人物に貸し付けをする貸付業者はありませんので、借り入れすることができなくなるでしょう。
届け出は、本人、或いは配偶者や親や子どもが行うことができます。

借金は、少しの努力でコツコツ確実に返済し、もう二度と借金に苦しむことがないよう、借り入れできない環境を作ることが重要ですね。

大丈夫です。
蛇行しながらでも、『借金の完済』や『二度と借金しない』ということを明確な目標として進んでいけば、必ず叶います。
頑張ってください!


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12