借金をやめさせるにはどうすればいい?

借金をやめさせるにはどうすればいい?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

なかなかやめられない借金癖…

なかなかやめられない借金癖…

俗に、「借金癖は治らない」と言います。
借金癖があって借り入れを繰り返す人のほとんどが、返済計画なしに借り入れをしています。

「返済可能な金額」という概念はなく、「いくら借りられるのか」「限度額はいくらなのか」と借り入れするお金を「遣えるお金」と勘違いして、「多ければ多いほどいい」と思っているでしょう。

借金癖がある場合、「借金するのはダメだよ!」などと口で言っても「してないよ」と返せば済むので、口頭で訊いたり注意するだけでは防ぐことはできません。

しかし借金癖のある人に、借金を止めさせることは絶対にできない!ということはありません。
借金の使い道は、趣味やギャンブル、生活費や「ただお金がほしくて」など、本当に様々ですが、借金癖があるという意味ではどんな理由であっても同様です。

ただし、ギャンブル依存症や買い物依存症の場合は借金癖だけの問題ではないので、精神科や心療内科などの専門家に相談する必要があるでしょう。

お金の管理で収支を明確に

お金の管理で収支を明確に

借金をさせないためには、不明な収入を無くし、曖昧な言い訳をするお金がある場合には明確にする必要があります。
また、計算上合わないような買い物の仕方をしていたり、お金の遣い方をしている場合には、やはり明確にしましょう。

いくらの収入があるのか、或いはいくらの小遣いなのか。
手元にあるお金に見合わないお金の遣い方をしているときには、要注意です。

正確な借金の把握

正確な借金の把握

現在の借金を把握しましょう。
本人の同意は必要ですが、信用情報機関に情報開示の依頼をすれば、借金の詳細を知ることができます。

信用情報機関は3つあります。
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)=銀行系からの貸し付けに関する情報
・株式会社 シー・アイ・シー(CIC)=クレジットカード会社や信販会社からの貸し付けに関する情報
・株式会社日本信用情報機構(JICC)=消費者金融系からの貸し付けに関する情報

情報開示を請求すれば、それぞれの信用情報機関に加盟している会社からの貸し付け情報を知ることができます。

信用情報機関では、借り入れがある会社名、債務残高、債務整理や返済の滞納などの事故情報も知ることができます。

配偶者や親が届け出することが可能な貸付自粛制度

配偶者や親が届け出することが可能な貸付自粛制度

これ以上の借金を増やさないようにするためには、株式会社日本信用情報機構(JICC)で『貸付自粛制度』の申し込みをすると良いでしょう。

『貸付自粛制度』は法的な効力はありませんが、各貸付業者や金融機関などでは『貸付自粛』の届け出がある顧客に関しては貸付をしません。

この制度は、「この人物は返済能力がありませんので、貸付をしないでください」という申し出をするもので、本人及び配偶者や親が届け出することが可能です。

有効期間は5年。
5年後に再度申請することができますので、不安がある場合には利用すると良いですね。

家族が借金の肩代わりをしてはいけない理由とは?

家族が借金の肩代わりをしてはいけない理由とは?

家族が借金を作り、返済できないほどの金額だとなれば、多くの方が借金の肩代わりをしています。

「妙なことを考えないように」「取り立てなどが怖いから」「本人が返せないものは、家族の責任だから」
お気持ちは十分分かります。

しかし、どんなに叱られても恥をかいても、借金を繰り返してきた人にとって、隠れて借金をすることなど容易いことです。
貸付自粛制度の申し込みをしても闇金融には効果がありませんので、下手をすれば闇金融などの如何わしいところから借金をする恐れもあります。

根本的に借金をさせないようにするためには、やはり本人に借金の返済をさせることです。

本人が苦労して返済しなければ、借金の恐ろしさを知ることはできませんし、家族が借金の返済をすることで借金を甘く見てしまう可能性もあります。

周りができるサポートは最低限の生活できる環境の確保です。
その上で、あくまでも本人に返済をさせることです。

また、どうしても返済が困難な金額の場合には、債務整理を視野に入れて専門家に相談しましょう。

家族のサポートで借金癖を治す

家族のサポートで借金癖を治す

ほかにも、『ある分のお金で暮らすこと』『ないときには我慢すること』を身に沁みて分からなければいけないので、小遣いや生活費を日割りで渡すのも良いでしょう。

『1日』という短いスパンで、お金が入ってくることと、お金を遣うと“減ること””無くなること”を実感できるため、湯水の如くお金を遣っていた人には分かりやすく有効でしょう。

さらに、お金の流れが分かるように、家計簿や小遣い帳をつけることを習慣づけるのも良いですね。

お金を遣わなければ貯まるということも分かりますし、お金が貯まれば大きな買い物も可能だということなど、徐々に身に付いていくことが期待できます。

ただし、結果を急いではいけません。
そして、常に家族が把握し、サポートすることが大切です。

借金癖は、ある種の病気だと考えなければいけません。
病気から立ち直るためにはサポートが必要ですし、家族の存在は非常に重要です。

諦めることはいつでもできます。
根気よく、サポートしてあげましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12