借入状況は審査にどの程度影響するのか?

借入状況は審査にどの程度影響するのか?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

他社借入の状況

他社借入の状況

カードローンなどの利用をしていて、さらに借り入れをしたいという場合、現在の借り入れは新たな借り入れ申し込みの審査に影響します。
初めてカードローンを利用する場合は、他社の借り入れはゼロだということになりますね。

では、カードローンの申し込みをするとき、全ての借り入れについて記入しなければいけないのでしょうか。
実は、そんなことはありません。

他社からの借り入れとして記入する必要がないものもありますので、ここに紹介してみますね。

記入が必要な借り入れ

・カードローン
・自動車ローン
・教育ローン
・フリーローン
・クレジットカードのキャッシング
など。

記入の必要がない借り入れ

・住宅ローン
・奨学金
・事業性のローン
・携帯電話の分割払い
・クレジットカードのショッピング
・親族や知人からの借り入れ
など。

特記がない限り、住宅ローンや事業性のローン以外は、全て記入するようにしましょう。
また、他社借入とは別に、『住宅ローンの有無』という欄がある場合もありますし、『銀行以外の借り入れ』としている場合もあります。

消費者金融では、主に他社の消費者金融での借り入れを記入する形となっているでしょう。
これは、銀行が総量規制の対象外であるため、そういった記入の仕方になっていることが考えられます。

重要なのは、『借り入れ件数』『借り入れ額』です。

最も重要なのは借り入れ件数?借り入れ額?

最も重要なのは借り入れ件数?借り入れ額?

総量規制がありますので、もちろん年収の1/3をオーバーしていないことは重要です。
しかし総量規制をクリアしている場合、借り入れ額より借り入れ件数が重要視されます。

借り入れ件数が多くなるほど審査に通りにくくなりますので、可能であれば数社を一つにまとめることで審査に通りやすくなることも考えられます。

では、何社までなら借り入れが可能なのでしょうか。

1社・・・全く問題なし
2社・・・返済状況に問題がなければ、問題なし
3社・・・要注意
4社・・・属性の良い人のみ審査通過
5社・・・ほぼ不可能

上記のように境目は3社です。
4社以上になると、一般的には借り入れは難しいと考えましょう。

ただし、借り入れ件数が少なくても、返済の滞納などがある場合は難しいでしょう。
借り入れ件数や借り入れ額、返済事故などについては、本人にも記入させますが、消費者金融が信用情報機関から情報を取り寄せますので、嘘の申告をしてもすぐにバレてしまいます。

信用情報機関について

信用情報機関について

個人信用情報機関は3社あります。
金融機関等のローン、クレジットカードや分割購入等の申込の情報と契約や利用の状況等が記載された信用情報を管理する民間の会社です。
新規に金融機関等への融資やカード会社への申込を行った場合に利用されます。

例を挙げると、クレジットカード審査と銀行カードローンの審査、住宅ローン審査等で、申込者に貸付をしても良いか、カード会員として加入を認めても構わないか判断する材料に使われますし、他社の利用状況や返済状況を見て、利用限度額の算定にも使われることもあります。

審査基準は、金融機関やカード会社でも明らかにはしていませんが、収入が多い方でも、返済遅延が何度もある、他社で延滞や債務整理の情報が記載されている場合は、即否決されることがほとんどです。
心当たりがないのに審査落ちする場合は、個人信用情報機関に情報の開示請求をして確認しましょう。

クレジットカード審査では申込状況を重視する会社もあり、1~3ヶ月の短期間に10枚以上のカードを申し込んでいる場合には、お金に困っていると判断して加入を認めない会社もあると言われています。申込履歴は最低でも6ヶ月は残ります。

銀行カードローンの場合は、総量規制対象外なので、年収の3分の1以上は借入できることになりますが、それでも著しく他社借入額や希望額が高かった場合は、不利になることは否めません。
多くとも2~3社程度の借入や、総量規制の金額を目安にした方がいいでしょう。

住宅ローン審査では、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠があると審査で不利になることもあります。
個人信用情報機関を閲覧しても、実際の利用額が分からないので、融資を受けていない場合でも枠が設定されていると借入をしていると見なして審査をすることがあります。
できれば、住宅ローン審査を受ける前に、解約するか必要最低限の金額を残すのみにしておくのがおすすめです。

総量規制オーバーでも貸し付けをする賃金業者には注意

総量規制オーバーでも貸し付けをする賃金業者には注意

2010年、総量規制が適用になって以来、貸金業者からの借り入れは年収の1/3までとなりました。
そのことにより、例えば2社からの借り入れで返済状況にも全く問題のない人であっても、年収の1/3を超えるという理由で審査が通らない場合があります。
審査に通らない理由が知らされることはありませんので、申し込みをした本人には分からないでしょう。

総量規制は、『利用者の年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけない』という貸金業法で定められた法律ですので、貸金業者が違反することはありません。
違反をすれば罰則があります。
ですから、総量規制を超える金額の貸し付けをする貸金業者があるとすれば、非合法な闇金融であることが考えられます。

また、借り入れ件数に関しても、同様のことが言えますね。
「総量規制オーバーでもお貸しします!」
「借り入れ件数5社以上でもOK!」
などという広告を目にしたら、それは間違いなく闇金融です。
絶対に騙されてはいけません。

お金を借りるということは信用問題

お金を借りるということは信用問題

現在の借り入れ状況だけでなく、過去に返済事故がある場合も、審査には大きく影響します。

お金を借りるということは、信用問題です。
必ず返済しなければいけませんし、貸金業者も必ず返済する人でなければ貸し付けしたくない、と考えています。

借り入れの追加を考えている場合には、まず現在の借り入れ状況をご自身が把握する必要があるかもしれませんね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12