借金の残高を調べる方法

借金の残高を調べる方法

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

現在の借金総額の把握

現在の借金総額の把握

現在、借金がいくらあるのか把握していますか?

「ずいぶん長く返済してきたけど、残高がいくらあるかは分からない」という方は少なくありません。
借金の総額を把握しないで支払っていると、あとどれくらいで返済が終わるのかを把握することもできませんし、経済的な計画を立てることもできないでしょう。

例えば、数社の借り入れがある場合は、金利の高いところは支払総額が大きくなってしまうので早く返済した方が得ですし、借入額が小さくなった借金があれば金利の低いところでまとめたほうがお得です。

より早く、より支払金額を小さく返済するためには、しっかりとした返済計画が必要です。
そのためにも、まずは現在の借金の残高を把握しておくようにしましょう。

債権者が発行する書類

債権者が発行する書類

借金の返済をすると、明細書や領収書などが発行されます。
ATMであればその場で発行されますし、口座引き落としになっている場合には郵送で送られてくるでしょう。
或いは、インターネットのマイページで確認できる場合もあるでしょう。

明細書や領収書には、必ず借り入れ残高が記載されていますので、確認して下さい。
明細書や領収書、マイページもない場合には、利用している金融機関や貸金業者に問い合わせをしてください。
「借入残高を知りたいのですが」と言えば、本人確認をして教えてもらえるか、郵送を希望すれば書面で送ってもらえるでしょう。

債権者によって手続きは異なりますが『取引履歴開示請求』をすれば、借り入れ金額、返済金額、借り入れ残高などの履歴が記載された『取引履歴』を郵送してもらうことができます。
取引履歴の開示を求められたら、必ず応じなければいけない義務があります。

拒否できないことになっていますので、万が一拒否をされた場合には、注意が必要です。
闇金融かもしれません。
その場合は、日本賃金業協会や財務省財務局に相談をすると良いでしょう。

複数の借り入れがある場合には、全ての債権者の発行書類を揃えて、残高を足して借金総額を把握すると良いですね。

借り入れ先が不明な場合

借り入れ先が不明な場合

最近は電話やインターネットで借り入れの申し込みをして、口座にお金が振り込まれるという方法が一般的になっているようです。
借り入れが多くなってしまって、どこに借金をして、いくらの借金があるのか、分からなくなってしまった場合、借金の残高を知ることはできないのでしょうか。

そのようば場合には、信用情報機関を利用して下さい。
どこから借り入れをしたのか、いつから借り入れをしているのか、何も分からなくてもご本人であれば情報開示を請求することができます。

信用情報機関には、金融機関や貸金業者との取引に関する情報が登録されています。
ただし、信用情報機関に加盟している金融機関や貸金業者の情報のみ管理されているため、万が一、加盟していない金融機関や貸金業者を利用している場合は情報を得ることはできません。
とは言え、「加盟していないのは闇金融だけ」と言われるほどの加盟率となっていますので、心配することはないでしょう。

情報開示請求で送付される書類には、借り入れ先名、契約年月日、借り入れ残高、返済事故や滞納の有無、などが記載されています。

3つの信用情報機関とは

3つの信用情報機関とは

日本には、信用情報機関が3つあります。

・全国銀行個人信用情報センター = 銀行と提携

・日本信用情報機構 = 消費者金融と提携

・株式会社シー・アイ・シー = クレジットカード会社との提携

心当たりがある機関に、情報開示請求を行うと良いでしょう。
ただし、『全く分からない』という場合には、3つ全てに手続きを行うと良いですね。

情報開示に掛かる日数と金額

・全国銀行個人信用情報センター
[郵送:1週間~10日 費用:1,000円]

・日本信用情報機構
[窓口:即時、費用:500円][郵送:1週間~10日、費用:1,000円][インターネット:即時、費用:1,000円]

・株式会社シー・アイ・シー
[窓口:即時、費用:500円][郵送:1週間~10日、費用:1,000円][インターネット:即時、費用:1,000円]

詳細は各HPを参考にしてください。

>>全国銀行個人信用情報センターのHPはこちら

>>日本信用情報機構のHPはこちら

>>株式会社シー・アイ・シーのHPはこちら


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12