予定外の妊娠がキッカケで借金地獄に陥った・・・

予定外の妊娠がキッカケで借金地獄に陥った・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

予定外の妊娠

予定外の妊娠

結婚しても、子どもはまだ作らない予定でした。
年齢的にも、私も旦那もまだ25歳でしたし、しばらくは夫婦二人だけの生活を楽しみたいと思っていました。

また、私も仕事をしており、仕事に遣り甲斐を感じていたこともありましたし、何より旦那の給料だけでは経済的に子どもを生んで育てることに無理があったのです。
旦那の給料は当時20万円にも満たない金額でしたし、私の給料は13万円程度でした。
二人の給料でようやく生活が成り立っているような状態で、30代前半までは子どもを作らず貯金を頑張るという風に、夫婦で話し合って決めていたのです。

ところが、予定外に妊娠してしまったのです。

まさかと思いましたが、市販の判定薬で陽性反応が出たのを確認し、旦那と話し合いをしました。
旦那は、予定外の妊娠ではあるけれど、やはり「生んでほしい」と言いました。

正直、私はかなり悩んでいました。
貯金はまだ目標額に達していませんでしたし、私自身の覚悟もありませんでした。

しかし私の迷いには説得力がなく、「生んでほしい」という言葉の前では無力なものでしかありませんでした。
結局、二人で生むことに決め、出産に備えることにしたのです。

予定外の退職

予定外の退職

仕事は、出産休暇と育児休暇を利用して、いずれは復帰できる形を取ろうと思っていました。
ですから、最低でも妊娠36週までは仕事を続けるつもりでしたし、経済的にはギリギリまで仕事を続けたいを思っていました。
しかし想像以上のつわりのキツさで、私は仕事を休みがちになってしまったのです。

辞めるのだけは避けたかったので、無理して出勤することもありましたが、社内の様々なニオイでつわりが抑えられず、何度もトイレに駆け込むことがありました。
また、妊娠をするとものすごい怠さがあり、以前のように仕事が捗らなくなったのも事実です。

周りは私に気を遣うようになり、休みがちになっていたこともあって、とうとう直属の上司に退職の打診をされたのです。
断ることはできませんでした。

退職ですから、もう復帰することはできません。
絶望的な気持ちで会社を退職したのが、妊娠12週の頃でした。

経済的困窮

経済的困窮

生活は一気に苦しくなりました。

出産費用は支給される出産育児一時金を前払いで受け取れば賄うことができますが、出産準備や検診費用など、生活以外にかかる費用もありました。
生活費も旦那の給料だけではとても足りず、貯金を崩しながら節約生活をするようになりました。

そんな中、貯金が底を尽いてしまうのが怖くて、つい持っていたクレジットカードでキャッシングをしてしまったのです。

しかしキャッシングをすれば返済をしなければいけません。
独身時代から持っていたクレジットカードは3枚ありました。
そして、銀行のキャッシュカードにはカードローンの機能も付いていました。

私はクレジットカード3枚と銀行のカードローンでお金を回し、生活費の足しにして、借り入れと返済を繰り返していました。
出産したら早く仕事を見つけて、借金の返済をするつもりでした。
「仕事をしたら返すから」という計画があったので、不安はありませんでした。

産後の復帰ができない・・・

産後の復帰ができない・・・

ところが、産後の復帰も思うようにはいきませんでした。

というのも、2ヶ月から赤ちゃんを預かってくれる保育所はありますが、どこも定員がいっぱいだったのです。
子どもが生まれた時期が6月だったのですが、4月の入園で未満児のクラスはいっぱいになってしまったようです。

翌年の4月まで待って入園申し込みをすることにしたのですが、予定外に再就職が遅れてしまったので生活は大変です。
その間も、借金は増えていきました。

子どもを置いて仕事をするわけにはいかず、しかし借金の返済も待ってはくれないので、この頃の私は夜も眠ることが出来なくなっていました。
返済が遅れると、クレジット会社から電話がかかってくることもありましたし、閉じ込みのハガキが届くこともありました。

まさに借金地獄でした・・・

借金の総額

借金の総額

もう返済できないと思ったのは、借金の総額が80万円を超えた頃でした。

たった80万円ですが、貯金も底を尽きそうな状況で、20万円にも満たない旦那の給料では、生活していくこともやっとです。
とても返済にまでお金が回りません。

返済と借り入れを繰り返しているうちに借金が膨れ上がり、限度額いっぱいの借り入れまであと僅かとなってしまったのです。

返済は、月々最低でも35,000円は必要でした。
そんなお金を給料から出したら、生活はできません。
私は意を決して旦那に話すことにしました。

借金の返済

借金の返済

旦那に借金があることを話し、私は旦那に子どもを預けて夜の仕事を始めることにしました。

旦那は不服そうでしたが、その時点ではそれ以外に方法はなかったのです。
夫婦間はギクシャクしていた時期もありましたが、夜の仕事を4ヶ月やって全て完済することができたのです。

あの、眠れなかった夜を思い出すと、もう二度と借金はしたくないです。
今は子どもを保育所に預けて、昼間の仕事をしています。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12